スポンサーサイト

スポンサー広告 ]  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: | トラックバック: | 編集 

THE☆トリプル干支

[小ネタ]人生色々(友人の彼) ]  2009/10/29(木)
先日の小鳥の話を母にしたら、小鳥踏んじゃう人はよくいるよ、と母がフォローしてました。

部屋の中で遊ばせてあげると、飼い主の後をついて足元にまとわり着いてくるので、よろけた時や、うっかり後ろに下がったときに踏んでしまうことは多いらしい。母の知人にも文鳥を踏み殺した人がいるとか。

友達に教えてあげよっと。
普通体型の人でも踏んだら死ぬんだね。



あと、ちょうど一回り年上で友達とその人は干支が一緒なので、
子供を産む年を調整すれば、
夫・妻・子が同じ干支、というトリプル干支を狙えるらしい。


それがどーした、って感じなんだけど(笑)、

「商売人なんだから絶対そういう縁起かつぎにこだわってるって!!」
「だから絶対アンタが選ばれるって!!」

・・・という話に仲間内では勝手になっていた。



何だよトリプル干支って・・・!!
そんな演技かつぎ聞いたこともねーよ(笑)!!!!



ランキング
スポンサーサイト

コメント:(7) | トラックバック:(1) | 編集 

友人の見合い相手

[小ネタ]人生色々(友人の彼) ]  2009/10/24(土)
友達がお見合いすることになりました。

父親が亡くなってから懇意にしているお寺のおっさま(お坊さん)が世話好きな人で、檀家の若い人同士を引き合わせてくれるらしい。


「とても優しい人だよ。」というもの凄い曖昧な評価だったので、「どんな風に優しいんですか?」と聞いたところ、

「飼ってた小鳥がとびだした拍子に踏み殺してしまったんだって。それで可哀相だからお経をあげて欲しいと言ってお寺に持ってきた、とても心の優しい人だよ。」


・・・・・・。


それがお寺さんとの出会いだったらしいのですが、友達は「小鳥を踏み殺したほうに注目しろよ!」とツッコんでいた(笑)。ちょっと太め体系の人らしく、小鳥さんは即死だったそうです・・・。



「仕事は自営業らしいよ~。」というので、「自営と言ってもピンキリだしねぇ。」と話していたら、「年商11億だって。」

・・・それ、自営じゃなくて会社経営って言わないか??


一応地元の人なら誰でも知ってる有名企業なんだけど、地味だしそんなに稼いでたとは・・・。この間年商2億、年収4000万の彼氏自慢聞いて「すげぇ!!」って言ってたばかりなのに、まさかそれよりアップするとは思わなかった!!


とは言っても現在向こうの方で書類選考中らしく、実際に見合いの席までこぎ着けられるかどうかはまだわからないらしい。一回りも年上でメタボなのに(知らんけど。)選択権は向こうにあるのか!!!


おっさまいはく、

「やっぱり何だかんだ言ってお金だよ・・・。」



含蓄のあるお言葉、どうもありがとうございます。

でもそれはぼんさんが言ったらマズイだろ(笑)!!!



ランキング

コメント:(1) | トラックバック:(1) | 編集 

趣味の合わない彼氏

[小ネタ]人生色々(友人の彼) ]  2009/06/18(木)
友達の友達の話。

彼氏と海外旅行に行こうとしてたら「国内旅行までは許すけど、独身で海外旅行はダメ!行きたいんなら結婚して新婚旅行で行け。」とお母さんに怒られて、それなら結婚するか。・・・とトントン拍子に結婚することになったらしいのですが、改めて結婚を前提にこれからの生活について話し合いを始めたらびっくりするぐらい趣味が合わなかったらしい。


「例えばドラマの趣味とかー。」

・・・でもドラマの趣味なんて別にどーでもよくない? と私は思ったんですが、(もう一人の友達もそう言っていた。)カレの方が純愛ドラマや人情ドラマを見るのが大好きらしく、興味なさげに見ているカノジョに、「こんな感動的なシーンで泣かないなんて何て冷たい女だ!信じられない!」みたいなことを言って責めてくるらしい。

それはドラマの趣味がどうとか以前にカレの性格に問題がある気がするけど・・・。


あとカノジョの方は結婚したら絶対犬を飼いたいのにカレが犬嫌いだとか、カノジョは個性的なファッションが好きなのにカレはトラディッショナルなファッションを求めるとか。



でも犬の話はともかくとして、全体的にカレが押し付けがましいのが問題な気がする。

服ぐらい好きなの着させろよ、だし、ドラマだって一緒に見てくれてるだけえらいじゃん。そもそも、うちの場合父が仕事人間でほとんど家にいないからイメージできないんだけど、普通は夫婦でドラマ見たりするもんなの?



でも母は意外にも「好きなドラマは結構大事な要素じゃない?」と言っていた。

そういえば父はうちではドラマ見てないけど、本当はドンパチもの(ピストルとか爆弾とか)が好きで映画は一人で見に行ってるし、お笑いもダチョウ倶楽部とかコロッケなどの小学生レベルなものが好きで(好きな人はごめん。)、うちでは一人で勝手に見て完無視されてるけど、これが「何でこの面白さがわからんの!」と言って猛然と勧めてきたり、チャンネル権を握っていてそんなのばかり見せられてたら殺意を覚えるかもしれないね・・・。

(昨日父が「youtubeでコロッケ見られるよ!見たい?!」と誘って母に「見たいワケがない!!」と一蹴されてるのを見て思い出したよ・・・。)



カノジョの方も帰国子女(?)でYES・NOがはっきりしているタイプらしく、お互いが譲らないため会えばケンカばかりで「もう会いたくない」と疲れ果ててるらしいけど、最初に結婚話が出たときに盛り上がって婚約指輪まで買ってしまったので別れるに別れられないらしい。

それにもし結婚を取りやめるとしたら、付き合っててもしょうがないから別れるってことだよね。ある程度将来が固まってたところからいきなりフリーに逆戻りってのも落差が激しくて厳しいなぁ・・・。
2年も付き合ってたらしいのに、趣味が合わないって気づかなかったのかな?


母が、「恋をすると前頭前野の働きが低下して冷静な判断が下せなくなるんだって!!そうじゃないと誰も結ばれなくて地球は滅亡するらしいよ。」と言ってたけど・・・

・・・恋は盲目に科学的な裏づけをどうもありがとう(笑)。


時間を無駄にしてしまうし、最初の頃に基本的な条件はクリアにしておけないといけないですね。私も合わせられないタイプだから、「俺様タイプ」の男の人には気をつけよう!!



ランキング

コメント:(0) | トラックバック:(0) | 編集 

告白を待てなかった女

[小ネタ]人生色々(友人の彼) ]  2007/04/22(日)
(久々の)友達の彼氏シリーズ。


新しい彼と付き合い始めた友人に、「どっちから先に告白したの?」と質問したところ、
「本当は向こうからの告白を待ちたかったんだけど、我慢できなくて結局自分から催促する形で言わせちゃった。」という答えでした。


結果、仲間内では「ムードがない。」、「こらえ性なさすぎるよ!」と大ブーイング。
どちらから告白したかは後々の力関係にも影響を及ぼすので結構重要なポイントらしい。(友人談。)



友人「でもさぁ~、結構イイカンジの関係が長く続いてたところで、ある日突然ドライブ行こうって誘われて海に連れていかれたの。

で、これはいよいよ告白か?!と思ってワクワクしてたんだけど、向こうが一向に話を切り出さないんだって! どうでもいい世間話ばっかりしてて。

で、それらしい話もしないまま夜になっちゃって、そろそろか?!そろそろか?!とジリジリしてたんだけど、結局告白されないまま空が白みはじめて、


・・・そのまま夜が明けたんだって。

一同「Σ(゚Д゚,,)」



友人「それで結局その日は告白されないまま帰ったんだけど、翌日リベンジのつもりかまた呼び出されて~。
今日こそは、と思ったんだけど、

また告白されないまま夜が明けたんだて!!

一同「Σ(゚д゚lll)」



友人「それが3日3晩続いて寝不足になっちゃってー。
このまま何日続くのかもわかんないしー。

結局3日目の夜に何か言いたい話があったんじゃないの?!と話題振って、無理矢理告白させちゃったんだって・・・。」



三日三晩!!!



もちろん、こらえ性がない、といった言葉はすぐに謝罪して撤回しました。
根性ありすぎです、友達。
三晩も付き合うなんて。


私だったら初日の夜で多分根負けしてると思うよ・・・。



ランキング

コメント:(0) | トラックバック:(0) | 編集 

ハゲている彼氏

[小ネタ]人生色々(友人の彼) ]  2006/08/17(木)
■友達に彼氏ができた。一回りも歳が上らしい。

私「かっこいいの?」
友人A「・・・・・・。」
友人B「うーん、そうでもない。」
友人A「何でアンタが答えるの!!!」

(友人Bは会ったことがあるらしい。)


友人B「ハゲててさぁ~。」
一同「ハゲ?!」
友人C「はげ・・・いや、ハゲ・・・。う、うん、別にハゲなら許せる・・・」
友人A「別にアンタに許してもらわんでもいいわ!!!」

友人B「イヤな感じのハゲ方じゃないから安心してっ!山田五郎みたいな感じ。」
一同「あ~。」
友人B「剃ればいいのにね、あの小島!!」
友人A「・・・・・・・・・。」

同じ職場の人なので、毎日見てる友人はあまり気にならないらしいけど、
辞めて久しぶりに遊びに来た子はみんな
「また更に禿げ上がったね・・・。」などの感想を残して帰っていくらしい。

・・・本人には言えないので友人Aに。

しかも付き合ってることはみんなには内緒にしてるので、
知らん顔して、ハゲネタに付き合わなきゃならないんだって。
大変だね。


ただ、問題はハゲの方ではなく、
「彼氏の母親が既に70代後半に差し掛かってる」ということらしい。

彼が一回り年上、ということは母親も一回り上、ってところまでは想像つくけど、
その人の場合、ものすごく遅くに生まれた子供らしく、
聞いたらその人のお姉さん、うちらの母親よりも歳が上だった・・・。


同居がどうとか、親の介護問題とか、
仲間内では何だかんだ言ってもまだ先のこととして話してるけど、
その子の場合結婚したら即現実なんだよなぁ・・・。

特に、その子は自分の親が義母と同居で、
イロイロと揉め事を見て育ってるだけに
絶対に同居はしたくないみたい。


前途多難・・・。


ランキングに参加しています。よかったらクリックしてね。

コメント:(0) | トラックバック:(0) | 編集 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。