スポンサーサイト

スポンサー広告 ]  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: | トラックバック: | 編集 

縁起の悪いキャミソール

[小ネタ]家族ネタ ]  2006/11/29(水)
黒いキャミソールで何か良さげなの持ってない?と聞いたところ、
「じゃあ縁起の悪いキャミソール貸してあげるわ!」
・・・と言って妹が持ってきてくれました。

これです。 ↓
キャミソール


 No hope

 No dream

 No ace

 only dark


妹「夢もない。希望もない。救いもない。
  ・・・ただ、闇があるだけ・・・。」


く、暗い!!何だこのキャミソール!!


私「買うときに読まなかったの?!何が書いてあるか。」
妹「読んだけどアンタが喜ぶかなーと思って買ってきたんだわ!!」

(んな馬鹿な!!)



私「あっでも only dark の後にもまだ何か書いてあるじゃん。
  good grief・・・って何だっけ?何か救いのあることが書いてあるかもよ!」
妹「おっ♪どんでん返し?!」


早速辞書を引いてみた。


  Grief : 深い悲しみ。(great grief)


私・妹「・・・・・・・・・。」



アンダーに着るだけなら文字も見えないしまぁいいか、と借りたのですが、
返そうとしたら、「要らん。」と言って受け取ってくれず、
結局私がもらい受けることになってしまいました。

妹「アンタを喜ばすために買ってきただけだから実は全然着てないんだわ。」だって。

私も要らないんだけどな。
こんな夢も希望もないキャミソール・・・。


ランキングに参加中。
応援してくれる方はクリックお願いします。


griefは、「悲しみ、悲嘆、苦悩」という意味で、
「Good grief!」はネガティブな場面で使われる「Oh, my God.」の表現だそうです。
「あぁ何てことだ!」くらいの意味かな??
スポンサーサイト

コメント:(2) | トラックバック:(0) | 編集 

メタセコイヤ

[未分類]雑記etc ]  2006/11/26(日)
私「メタセコイヤって何?」

妹「メタセコイヤはスギ科メタセコイア属の植物で落葉針葉樹・・・・・・」

私「街角で肩がちょっとぶつかったときに相手から『メタセコイヤァぁあ?!』ってすごまれたらケンカになると思わない?」

妹「は?」

私「かかってこいやぁ!!って言われたような気になってムカつくことない?」

妹「・・・・・・。」

私「メタセコイヤ!って大阪弁ぽいね。」

妹「・・・・・・。」

私「ワイは猿や!メタセコイヤァぁああああああ!!!!」

妹「・・・・・・。」

私「つ~むじっ風~舞~うティーグラウンドでー、ねぇ~らうーはグリーンのタァ~ァゲ~ットぉ~♪」


誰も聞いてくれなかったが一人で歌い続けた。


ランキング

コメント:(2) | トラックバック:(0) | 編集 

妹からのバースデーカード

[未分類]雑記etc ]  2006/11/24(金)
誕生日に妹からバースデーカードをもらいました。
じゃーん!
バースデーカード


インレタでHAPPY BIRTHDAY、と書かれているんですが、
このインレタ・・・。


この間部屋掃除したときに私が捨てたヤツだ・・・!!!


洋服の話のときに救済措置の話を書きましたが、文房具も救済されていたようです。
(※救済措置:私が捨てたものを妹が「まだ使える!」と持って帰ること。)


得意げな妹曰く、
「Pが一個足らなかったからRの線を削ってPを作ったんだって!!私、天才じゃない?!」


しかもよくよく見たらエクスクラメーションマークが「!」じゃなく、小文字の「j」を逆さにして使ってる。Oh~~~~、まぁ~~ヴぇらす!!!(←欧米か。)

そして周りに押してあるスタンプも、この間私が捨てたヤツでした。(ハンズで何と、7個30円で買った代物。)

私が処分したと思ってたものは、ただ妹の引き出しに移動してただけだったということです。あ~あ・・・。


あとは、ひざかけと、ハンカチと、部屋履き用の靴下をもらいました。
靴下はポケットついてるところがツボです。
何入れるんだよw

絶対要らないと思うんだけど。靴下にポケット。
靴下
(部屋で普通の靴下の上にはくあったかくつ下。一番右がポッケ付き。)


ランキング

(誕生日から1ヶ月以上過ぎてますが、カードをスキャンするのが面倒でサボってました。)

コメント:(4) | トラックバック:(0) | 編集 

相棒Ⅴ第7話「剣聖」感想~伊丹ん大プッシュ祭~

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2006/11/23(木)
袴!!袴!!!ハァハァ・・・
今日はテレビにかぶりつきで視姦しました。
・・・じゃなかった、視聴しました!!(嫌なテンションだな・・・。)


予告ではちゃんと映ってなかったので「イタミンの袴姿は拝めるのか?!」とヤキモキしてましたが、フタを開ければプチ・いたみん祭り!

冒頭から、剣道強くて普通にカッコイイ!
正座して、キレイに背筋を伸ばして面を取る所作がすごく美しいの~。目を閉じて汗を拭くクールな横顔とか!そんで方頬つりあげて、「・・・未熟者。」
うへへへぇ~と笑いながら、あっと言う間に退場した・・・。

早いよ?!
これで今日の亀山君とのスキンシップタイムは終了ですか??

でも右京さんは結局着替えなかったので、コスプレ祭りに参加させてくれただけでも満足とします。強いて言えば胴着・・・。上が白、下が紺の方が良かったなー。その方が色っぽ・・・
あと防具が邪魔だね。なくていいよ。そして合わせをはだけてください。面も要りません。(ずっと「面を!面を取るのだ!早く!!」ばかり言っていた・・・。_ト ̄|○)



そして高校時代からの憧れの剣士が惨殺されて動揺を隠せないイタミン
こ、こここ、高校生?!いたみんの高校生時代?!動揺を隠せない私。
目が泳いでるし半泣きだったし・・・。あ、あぁああ・・・。
無神経な発言した右京さんに真剣に怒るところも男前だったけど・・・・・・

ただ、右京さんファンでもある自分としてはあの発言はいかがなものか、と複雑な気持ちでした。今伊丹目当てで過去の相棒見直したりしてるんだけど、右京さん、あんな「好奇心」云々なんて発言するキャラじゃなかったと思うんだけど・・・。探偵じゃなくて警察なんだし。何となく伊丹んの怒るシーンを描くために逆算であのセリフを言わせた感じがしてちょっといやでした。
(萌え語りの合間に失礼。)



あと、敵の牙城、花の里に踏み込む経緯が可愛いなぁ。
鑑識さんに聞きにいったのか~、イタミン

さりげなーく聞き出そうとして全然さりげなくない、ギクシャクしたイタミンを脳内再生して萌えました。しかもあっさり鑑識さんにバラされてるし!右京さんとの蜜月の歴史には勝てなかったんですね・・・。でも鑑識さん、知ってるってことは過去に来たことがあったんでしょうか?花の里。


面倒くさい会話も可愛かった。全員、独り言。
亀山くんに煽られて、「負ける勝負にとびこむのはバカだ。引くときは引く!!」と師匠の教えで応戦するイタミン。(でもその負け勝負に特命を飛び込ませようとしてるくせに。)そして頼んだ熱燗、飲んでないのに1万払って「釣りは要らねぇ!」。

本当に今日はいたみん大プッシュ祭りですか?ファン獲得大作戦??



ラストの、ものすごい早足で現れて、メロン置いて風のように去ってくところもよかった。もう出ないかと思って気ー抜いてたので不意打ちだったよ。律儀な男だなぁ。メロンの件だけじゃなくて、ずっと黒タイ締めてるところとか。

今日は本当に漢前でホレ直したよ!!


序盤でイヤらしい目で見たりしてごめーんネ☆(←台無し。)


一応7話感想


結構評判良かったみたいだけど、事件や謎解きの部分に関しては何となく退屈でした。キャラ萌えと二段構えで見てるから楽しめたけど、そうじゃなければつまらなかったかも。

あと右京さん最強伝説もいいけど、とってつけたように最後に手合わせ始めたのがなぁ・・・。それを入れるんなら冒頭の、「僕は結構強いんですよ。」とアピールするセリフは要らなかったと思う。「さぁ、どうでしょう?」とさりげなくかわしておいてからあのシーンを持ってきたほうが効いたと思うんだけど・・・。


ランキング

コメント:(13) | トラックバック:(4) | 編集 

母と牛肉と替え歌「さっちゃん」

[小ネタ]家族ネタ ]  2006/11/21(火)
妹が近所のスーパーの広告を見ながら、牛肉を食いたいと言い出した。


妹「おかあさんっ!スキヤキ食べたい!!」

母「そうだね。湯豆腐食べたいね。」

妹「 ( ゚д゚ )


妹「ちょっと!
  何さらっとスキヤキを湯豆腐に変えとんの!!
  肉が食べたいって言っとるでしょー!!!」




そしたら・・・

唐突にお母さんが「さっちゃん」のメロディで歌いだした。


母「○ーちゃんはね♪(←母の名前。伏字。)

  お肉がキライさ、ほんとだヨ!!

  だーけど高いかーらー買えないって話もあ~る~ん~だ~よー♪

  かわいそうね、○ーちゃん・・・。」

私「・・・・・・・・・。」

妹「・・・・・・・・・。」


ごめんなさい。

もう二度とスキヤキ食べたいなんて言いません・・・。


ランキング・・・。


スキヤキは一年に一回。お正月に食べます。
・・・という話をしたら職場の人が可哀想がって木曽路に連れてってくれましたが、食べてない期間が長すぎて慣れてしまいました。肉と言えば豚!そしてささみっ!!

牛?・・・ヤツは飲み物を出す貴重な動物です・・・。

コメント:(8) | トラックバック:(0) | 編集 

相棒Ⅴ第6話「ツキナシ」感想

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2006/11/20(月)
相棒」5話で見たビビるイタミンが頭を離れず、ことある毎に思い出しては悶々と無為な日々を過ごしていた私です。(アホ?!)

放送見てるときはそこまででもなかったのに、ブログ記事書くため脳内再生してる内に自己暗示にかかってしまったようだ。


イタミン目当てで手元にある過去の相棒を見返したり、(←無意味な時間!!!)「デジタルテレビガイド」にインタビュー記事があるという話をどこかで聞いて覚えていたので探しに行ったり、画像検索でイタミンの画像探しまくったり(伊丹空港が死ぬほど出てきちゃったよ・・・。)、仕事中に似顔絵練習してみたり。(←働けよ。)

ある意味マンガキャラっぽい顔とか体型だと思うんだけど、実際自分で描いてみたらダークサイドに落ちたちびまるこちゃんのお父さん(父ヒロシ)みたいな顔に・・・orz
ちなみに亀山君は胃腸の悪い山根くんになった。
ちびまる子ちゃん山根くん(参考画像)
↑全然ちげーよ!!


あーでも今更キャラ萌えしたくないし、はまりたくなかったなぁ。
どうせはまるんだったらもっと早くから目つけとけばよかったのに、何でseason5まできて今更はまってるんだろう。馬鹿だな、私。



6話感想

4話の「せんみつ」といい今回の「ツキナシ」といい、1時間で二転三転させて意外なオチまでつけてくれて文句ナシの出来でした。面白かった!

あの北之口秀一記念館wに置いてあったテディベアのぬいぐるみ、不自然だな~とは思ったのに、盗撮カメラだって発想に思い至らなかった。ぬいぐるみって盗撮の必須アイテムなのに!!スポーツクラブでの盗撮事件もさらっと聞き流してましたよ。


でもトリオザ捜一(というか伊丹)が北之口に「この人殺しがぁ~~~!!!」と言い出したところで、「あ、じゃ北之口は犯人じゃないんだ。」ということだけはわかりました。(邪道な推理。)

マヨが高らかに笑いすぎで見てて疲れましたが、久しぶりに激昂する右京さんとか、プルプルする右京さんとか、フリーズする右京さんとか、津波情報の日本地図の後ろからひょっこり現れる右京さんが見られて良かったです。




キャラ萌え話

冒頭の間違い電話!!!
ケータイの着信履歴からかけたため、芹沢に電話するつもりが間違って亀山に電話してしまう伊丹
これ、いろんな意味で可笑しい!

自信満々に「30分以内に来い!!」と言い放つイタミンも笑えるけど、その電話に「あ♪伊丹だ。」と普通に出てる亀山くん・・・。何でそんなにフツウに電話出ちゃってるの?
仲悪いふりして、実は週末には仲良く釣りに行ったり草野球してるんじゃあ・・・。

確認もせず電話するイタミンも変。着信履歴の1件目が芹沢だと決め付けてるのは何でだ。芹沢以外電話してくる人いないのか?!(侘しいよ・・・。)

そして三浦さんに「伊丹、お前またやったのか!!」と言われ、
(また、って・・・過去にも何回もやってるの?!)
亀に「お前、ワン切りしたなぁァァ?!」といちゃもんつける・・・
面白すぎです。

あれ、亀山くんは本当に間違いコールを期待してワン切り仕込んでおいたの?それとも本人が言うように単なる間違い電話?含みのある返事だったけど、でも亀山くんがそこまで頭がまわるとは思えないんですけど・・・。


次週は(と言っても明後日ですが。)袴姿を拝めるのでしょうか?!邪モード全開で見ようと思ってます!楽しみですね!


ラーンーキーンーグ~♪



検索から来てブログ内を彷徨う方が多いようなのでガイド作ってみました。
相棒関連記事をお探しの方、こちらからどうぞ。

「相棒」でブログ内検索

コメント:(14) | トラックバック:(14) | 編集 

夏服捨てる候補エントリー

[小ネタ]家族ネタ ]  2006/11/14(火)
急に寒くなってきたので週末は冬物の入替え第2段をやりました。
合い物を洗濯したり分厚い冬服出したりもう着ない夏服を捨てたり。


今回捨てる候補第一弾は・・・「ヘンなボレロ」

すっごい太い毛糸でざっくり編んであって、
母は「何それ。漁業でもやるの?」とかひどいことを言ってきた・・・orz

編みが粗すぎて全然温かくないし、丈が短くてつんつるてんだし(ボレロなんだからしょうがないけど。)、どうやって手持ちの服に合わせればいいのかよくわかりません。確か学生時代に買ったんだけど、当時の自分にしては結構な金額を出して買ったため、捨てるに捨てられなくて今に至る・・・。

ただ毎年冬が来ると出し、夏になるとしまうを繰り返すだけの厄介なお荷物です・・・。


そろそろ潮時かな、とゴミ袋に捨てようとしていたらここで妹から

「ちょっと待ったーーーー!!」の声!!!
(ねるとんか・・・?)


ここで「救済措置」です。
(※救済措置:私が捨てようとしていたものを妹が「まだ使えるかもしれん!」とかっさらっていくこと。)


妹「私がオシャレに着こなしてやるぜ!!」

ワンピースを引っ張り出してきてボレロをはおる妹。

母「ダッセー!!」
妹「Σ(゚д゚lll)ガーン」

母「おばはんみたい!!」
妹「(´・ω・`) ・・・・・・。」

鬼だよ、お母さん・・・・・・。


結局、パンツルックに合わせるという形で救済となった。
あぁ、今年こそ捨てようと思ってたのに・・・・・・。



捨てる候補第二弾「ヘンな柄の服!!」

バーゲンで浮かれて買ってしまうことが多いヘンな柄の服。(私だけ・・・?)

定番ものはどこのお店に行っても置いてある分慎重に吟味し、比較検討の上購入するんですが、「ココにしかないっ!!!」って感じの妙ちきりんなガラは出会ったその場でよく考えもせずに買ってしまったりする。それがバーゲンで半額なんかになっていたら尚更のこと。

そういえば「キリン柄の服」とか売ってたなぁ・・・。結局買わなかったけどアレは珍しかった!ピンクの迷彩柄スカートとか。

でもこれが結局着ないんですよね・・・着まわしづらくて。
というわけで今年こそ捨ててやるぜ!MORGANで半額で買った薔薇柄(バラガラ)の服!!


が!!

「ジャケットの下に着ればまだ着られるじゃないの!!」と母から横槍が・・・。
こうしてまたもや捨てられないのであった・・・ギャフン。



捨てる候補第三弾「スクエアネックのセーター」

妹は、「顔が丸い人はお盆に団子がのってるみたいになってしまうのでやめましょう!」と学校の先生から注意があったと言ってたが、(何でガッコの先生がそんな注意を・・・?余計なお世話では。)一時期はやってたのかマイブームだったのか何着か買ってしまったスクエアネックのセーター。

冬を越してみて初めてわかったんですが、これ、下に着たババシャツが隠れないんですよ、スクエアネック!!丸首のもVのも持ってるけど、両方とも丸見えになる!結構地が厚いからINで着ることもできないし・・・。

薄い方は春先・秋口に着てるけど、分厚い方のスクエアネックはほとんど出番がないまましまったり出したりの憂き目にあっている・・・。でもこれも捨てようとしてたら「今着ればいいじゃないの!!!」と叱られた。
・・・捨てさせてくれよ・・・。



捨てる候補第四弾「襟が派手なシャツ」

これもバーゲン中に浮かれて買った襟がビラビラになったシャツ。
家でご機嫌でファッションショーをやってたら母が聞いてきた。

母「天草四郎ですか?」

私「(#゚Д゚)違いますけどッ?!」
(つーか、何で敬語なの。お母さん。)


元々着まわしづらいデザインだったのですが、微妙にシルエットが変わり似合わなくなった・・・。でもこれは捨てません!二の腕ダイエットして絶対復活してやります。



捨てる候補第五弾「短いスカート」

ちょっと前まではめちゃめちゃ痩せていた。

私 「この7号のスカート、ちょっとゆるいんですけど・・・。」
店員「でもそれより小さいサイズは置いてないんですよ~。」
私 「じゃあ腰の位置ではきますね。」

そしてその夏も同じような会話をして7号の、ちょっと短めのスカートを買ったはずだった。ウエスト位置ではくと短すぎて恥ずかしいが、腰の位置まで落とせば膝丈で着られる。バーゲンで安くなってるし。もう今年の夏は着れないけど、来年用に買おーっと!!

そして1年後・・・・・・


何ということでしょう!!
体型がすっかり変わっていた・・・orz
劇的ビフォアアフター!!

腰ではくどころか、ウエストすらはまらない!!!
「どういうことですか?」と自分の腹に問うてみる・・・。
まだ一回も着てないのに!!!


もったいないので妹の激痩せ友達にあげることにしました・・・。・゚・(ノД`)・゚・。



捨てる候補第六弾「シースルーの長袖」

シースルーって可愛いですよね・・・。透け具合によっては下品になるので一応試着してから購入します。

買ったときは「来年の夏に着るぜ!」とやる気満々ですが、透けてるので寒くて春先には着れないし、そうこう言ってるうちに真夏になってしまい、今度は長袖部分がウザくて着られなくなる。

タイミングを逃してる私が悪いだけなんですが、着ないまま夏が終わることが多い。でも可愛いので、やっぱり捨てられず・・・。



このように、何度も「お前とはもうお別れだぜ!!」宣告をするのにギリギリのところで救済の手が差し伸べられて、結局ほとんど捨てることができませんでした。

この厳しい審査をかいくぐって捨てられたのは「そりゃ捨てるわさ!!」「捨てるべきだ。」と言った感じの猛者ばかり。
そこから更に切り取ってボロ布を作り、(どんなけ活用するつもりだ。)捨てることになりました。

正に天寿を全うした洋服たち・・・。

さようなら。


ランキング

(途中から自分でも書いてて意味不明です・・・。)

コメント:(9) | トラックバック:(0) | 編集 

相棒Ⅴ第5話「悪魔への復讐殺人」感想

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2006/11/12(日)
精神鑑定で無罪となった連続殺人犯、安斉が外出訓練中に殺される。
安斉に娘を殺された男が「自分が殺した」と名乗り出てくるが・・・・・・
↑超テキトー。詳しくはコチラ(相棒5-第5話「悪魔への復讐殺人」)


感想

連続殺人犯の安斉も精神鑑定で無罪。
自首してきたおじさんも無罪。
真犯人も(描かれてないけど)多分無罪。

みーんなみーんな心神喪失状態で無罪!!!

・・・という皮肉を描きたかったのかなぁと思ったんですが
その割には中途半端な描き方でスッキリしませんでした。
タイトルも元は「さまよえる精神鑑定」だったのが
直前に変更されて変わったんですよね。
(そっち方がよかったのに何かまずかったのかな。)


そもそも安斉は本当に改心したのでしょうか?

キ印な人と接したくらいで快楽殺人鬼になっちゃうくらいだから、今度は逆の影響を受けて簡単に悔恨したと言えなくもないけど、刺されたときの胡散臭い笑顔が気になって・・・。

中の人がどういう風に演じたかったのかわからないけど、遺族に殺されることで罪が贖われて安らかに死んでいった、という描き方にはあまり見えなかったんですよね。
むしろ「してやったり」的な笑顔に見えた。

だから私は、「安斉が外出訓練の日程を被害者遺族に教えるように看護士をうまいこと誘導した」(←もと精神科医だし。)のかなと思いながら見ていたんですが・・・

正直そこんとこがよくわかりません。スッキリしません!


・・・でもそのように感じてもらうことが目的だったのかもしれません。
安斉の「あの笑顔」は看護士も右京さんも(多分刺した犯人も)知らない、
視聴者だけが見られたものですから。

「人の心など誰にもわからない。ましてや殺人鬼の心理なんて。」
一番伝えたかったのはそこなのかなと思いました。
だとしたら本当に救えない話ですね。



精神鑑定について

以前「殺人の門」感想でも書いたけど、周到に用意された計画殺人なんてのはミステリの中だけで、現実には殺人を犯す人は皆まともな判断力を失った人ばかりだと思う。

それなのにキ○ガイだから人殺してもしょうがない、みたいな逃げ道を作るのは根本から間違ってると思う。
冷静な判断力を失っていたから無罪、というのは、酒酔い運転で人轢いて、「でも酔っ払ってて判断力なかったんだからしょうがないよネ☆」と言うのと同じことでは。

何の利害もない相手を殺してしまうくらい判断力を失った人間。

罪を問えるかどうか、という議論はこの際置いておいて、とにかくもう二度と娑婆に出てこられないようにしてほしい。それでお金がかかるというなら死刑もやむを得ないと思うのですが、一説には死刑にもっていくまでに無期懲役と同じくらい費用がかかるそうです。難しい問題ですね・・・。


イタミン

今日の萌えポインツは伊丹んでした。つーかいつもそうだけど。
最初の頃はもっと敵対する意地悪キャラだったのに
最近どんどん可愛くなってる気がする。

何あの萌えキャラ!!

まじビビリして部屋の隅っこでちいさくなる姿に嗜虐心が刺激されましたよ。
うふふ、イイよ~イタミン~~。いじめたい~~~~。

・・・てマジメな話の後に書くことじゃないか。
これじゃアブナイ人だよ。
まともな判断力を失っておりました、すみません。


ランキング

コメント:(6) | トラックバック:(8) | 編集 

大塚愛に話し掛ける父

[小ネタ]家族ネタ ]  2006/11/10(金)
ミュージックステーション(・・・だったかな?)で大塚愛が歌っていた。


大塚愛「ミルクパンをほおばりつつ チョコパイにも手を伸ばす~」
 父 「・・・・・・・・・。」
大塚愛「も~一つ、食べたいわ♪も~一つ~食べたーいわ~♪」

「・・・き、君ぃ!!
 この間から食べ物の話ばっかじゃないか!!」


↑ものすごいナチュラルに大塚愛に話し掛けたのでビックリした。


妹に「アンタさくらんぼしか知らんだけでしょー。」と言われて、「さくらんぼ?それは知らんけどこの間焼肉がどうとか歌っとったでしょー。」(「黒毛和牛上塩タン焼735円」のことらしい。)

父はあんまり芸能人に関心ないので、大塚愛の名前までは知らなかったようですが、ちゃんと顔と歌は一致していたようです。

ちょっと笑えた。


ランキング

コメント:(0) | トラックバック:(0) | 編集 

犯罪の季節

[未分類]雑記etc ]  2006/11/08(水)
今日は朝のカギ当番の人が来ておらず、オフィスに入れなかった・・・。どうせなら二人体制にすればいいのに、と文句を言いつつみんなで待ちぼうけ。単なる寝坊の人もいるけど、中には病気で来れなくなる人もいるだろうし、

・・・過去には、「暴漢に遭って来れなかった人」もいたらしい。

夜ビデオを返しに行った帰りに外国人に取り囲まれて殴る蹴るされてお金をとられ、怪我と精神的なショックで翌朝会社に来れなかったんだとか。



教えてもらったんだけど、あの手の人たちはまず最初に頭を狙うそうです。そうすると殴られた方は頭をガードしようと両手で頭を覆った状態で転がるから、そのスキにポケットから財布を奪い取るらしい。


でもそんなことを聞かされてもなぁ・・・。だからって「よぅし!殴られてもガードがら空きにしてやるぜ!!」ってわけにもいかないしね・・・。


その人は片方のポケットに小銭入れ、もう片方に札入れ、と分けて持ってたらしく、ちょうど札入れが下になるような体勢に転がったため運良く小銭入れを盗られただけで済んだそうです。

おそらく太ってたから札入れが見えなかったんだろう、だって。
(ラッキーだけど何か・・・ちょっと空しいですね・・・。)

一瞬「こりゃもう私も太るしかねぇな!」とか思ったけど、でも太ってて愚鈍に見えたから狙われた可能性もあるよねぇ・・・。
友達いはく、「夏より冬の方が早く日が沈む分危ない人たちの活動時間が増えて犯罪が起こりやすい!!!」そうなので皆さん気をつけて。


ランキング

コメント:(2) | トラックバック:(0) | 編集 

谷原章介、名古屋高島屋トークショーレポート

[未分類]雑記etc ]  2006/11/04(土)
名古屋タカシマヤに谷原章介が来たので見に行ってきました!!
初・ナマ谷原章介

MEN'S CLUB×JR名古屋タカシマヤトークショーイベント
http://www.25ans.jp/25ans/event/0611/


同イベントで坂口憲二は混雑を避けるためか平日開催。その上整理券まで配るという気の遣いようなのに、谷原章介は連休ど真ん中。「舐められたもんだなぁ・・・。」と思いつつ、イベント開始の1時間半くらい前に「とりあえず場所だけ下見しとくかー。」とフラッと会場立ち寄ってみたら・・・・・・・・・

既に黒山のひとだかりができていた!!!!!!
(舐めてかかってたのは私の方だったようだ。)


人の波が引いた後に、実は椅子席があったことを知ったんですが、あの人たちは開店と同時に場所取りしたのかなぁ。多分早めに来てもあの席には座れなかったと思うし、もう少し遅かったら場所取れなかったと思うので、私はベストなタイミングで来れたのかもしれない。(と思うことにする。)

ちょうど真正面の位置から見たのと、対角線上にそれほど背の高い人がいなかったおかげで、背伸びすればずっと顔が見られる場所を運良く確保できました。ただつま先とふくらはぎが痛くて・・・。バレエでも習っときゃ良かった。おまけに暑いし、のど乾くし、酸欠で倒れそうだった。



14:00イベント開始。
谷原さんの服装は白シャツ、黒のスーツ。ネクタイは紫に白の水玉。胸に白いポケットチーフ。
胸元までしか見えなかったため下半身はわかりませんが多分はいてたんじゃないでしょうか?(←当たり前だよ。)

初めてナマで見た感想は、顔ちいさい。細い。鼻高い。ナマで見た人がよく言ってたけど目がキラキラしてる。(母には照明のせいじゃないの?とクールに言われたけど。まぁそうかもね。)


女性司会者の質問に答えるという形で進行。元々は椅子に座ってトークの予定だったようですが、後ろの方の人にも見えるように、という配慮から急遽立って行うことになりました。(良かった~。)
トーク内容はファンだったら一度は聞いたことのある話ばかりで特に目新しい情報もなく、ガッカリしたのですが、一応記憶にある部分だけを箇条書きにしてみます。



・(名古屋のいいところは?)「料理がおいしいですね。ひつまぶしが好き。」「あとは女性がキレイ。」とリップサービス。
・(以前名古屋にきたことは。)「昔、トリイという紳士服のCMで何回も来たことがある。」
谷原章介、名古屋くると必ずトリイの話するんだけど、・・・君ィ、去年も万博で来とったじゃないか!(←背後のカメラに気付かずか思いっきりケツかいてた・・・。妹と何度も巻き戻して見ながら爆笑した。)
・例の、「チラシにありがちなモデルポーズ」もやってくれましたよ。


・(2年間ずっとドラマ出続けている谷原さんですが。忙しいですか?)「今やってる嫌われ松子の一生は2話だけのゲスト出演なので、10月は久しぶりにお休みが多く、1週間に1回か2週間に1回は休みがとれてゆったり過ごすことができました。」
・(いろんな役をやってますが、やりやすい役とかやりにくい役ってあるんですか?)「一概には言えない。これはやりやすいなぁと思ってたら思わぬ落とし穴があったり。」
・(難しかった役は?)「昔やったデボラがライバルという映画のデボラ。」「多田かおる先生、大好きです。」
・この流れで演劇論ぽい話もしてたけどあまり頭に残らなかったので割愛。(よく雑誌インタビューで答えてるような内容でした。)


・「最近サーフィンを始めた。」(会場からカッコイ~という声。)「いや、全然かっこよくないんですよ、ヘタクソだから。僕の場合はすぐにひっくり返って、こんなんになって、」(身体斜めに倒し、右手で前髪を崩す。)「こんなんになって・・・」(水をかく仕草。)「こんなんになって・・・」(頭を振り回す)「湯浅さんみたいになっちゃいますから。」(谷原さんの中では湯浅弁護士モノマネブームは長いようですね。)
・(でもこれから寒くなる時期に始めたんですねぇ。)「最近ようやく立てるようになったくらい。人がすいてる方がヘタクソにはちょうどいいんです。」
・(ケガしたら大変ですもんね。)「いやぁ、僕なんかケガしても全然大丈夫なんですけど。治りますし。」(←・・・???)
・「女性にぶつけて顔にケガさせちゃったら大変じゃないですか。」


・(テディベアを集めてるんですよね?というフリに、なぜかざわつく会場。「え~?」という声。)「はい集めてます。可愛いですよ!」
・(きっかけは?)「グレートフルデッドというロックバンドが出したデッドベアがきっかけで。その後シュタイフとかメリソートなど集め始めて、今は150体くらいうちにいますね。」
・(その中でもお気に入りなんかあるんですか?)「今はチーキーの蛍光で骨の形が描いてあるのがお気に入りです。暗闇だと光ってちょっと怖いんですけど。そういうハードなのやロックっぽいのが好き。」


・会場からの「回って~!」という声に、クルクル回る谷原章介。「じゃあ僕はずっとこうやって回ってましょうかね。」
・更に「アクセサリー見せて!」という声。(司会者、代わりにしきられちゃいましたね、と苦笑い。)谷原章介、右手を上げて時計とシルバーリングを見せる。会場「どこの~?!」谷原「ナイショです。」
・(その流れから「時計も集めてるんですよね?」という話題に。こだわりや選び方を聞かれ、)「黒のスーツには革ベルトの方が似合うと思って今日はこれを選んだ。」「ステンレスのものを使う時もスーツのときはすっきり着れるように薄めのものを使う。」


・(時計の話の後だったけど、流れ的に多分ジャケット?スーツのメーカーの話。)「今日はジョセフというお店のものを・・・。」ローズパティオの向かい側を指差して、「あっ、ちょうどすぐそこにありますね。ここのメーカーは気に入ってて、衣装などでもよく使わせてもらってます。ドラマとかバラエティとか。」
・「これはこの位置に・・・」(指差していたようですが、低い位置だったので私の場所からは見えず。)「ちいさくJってマークが入ってるんですよね。こういう見えない場所に可愛~くワンポイントが入ってるのが好きです。」


・(谷原さんというとスーツが似合う、というイメージがあるんですが。)「いやぁ、別にこのまんまの姿で寝起きしてるわけじゃないですから。」
・ここで谷原章介が家では普通にラフな格好してる、という内容のことを答えてたんですが、それを受けて司会者が、「そう言えばさっき控え室で見たときはクシャクシャっとしたTシャツみたいな私服を着てましたよね!意外にもすごく似合ってました!!」と発言。あの・・・、谷原さん、私服、クシャクシャなの・・・?!褒めつつも、バラされてて笑えた、くしゃくしゃって・・・wwスーツは衣装だったんですね。


・(男性ファッションのアドバイス)「大げさになるので使わない人が多いと思うけど、ポケットチーフはオシャレに見えるのでいい。ネクタイなしでボタン2つくらいはずしてチーフを挿したり。」
・「ローライズパンツをきっちり低めの位置ではいてハデな鋲打ちのベルトを長めにして。カギをなくさないようにベルトにつけたり?(この辺うろ覚え。)」
・(この冬買ったものは?)「革のライダースジャケット。」


・(女性ファッションへのアドバイスは?)「ぼくなんかが言っていいんですか?」と断りをしてから、「TPOに合わせられること。例えば今日だったら華やかにスーツとか・・・(会場にいろんな服装の人がいることに気付いたらしくちょっと考えて)スカートとか、パンツとか・・・。」(←何でもえぇんかい!!)「家などリラックスできる場所ならパジャマみたいなカッコでいいし。」
・「アクセサリーとかバッグとか、足していくことは簡単だけど、上限を見極めてそこから引いていくことが難しい。」
・「本当にオシャレな人はラコステのポロシャツにチノパンにコンバースのシューズなんかの定番スタイルでもすごくオシャレに見える。」


・(女性から服をプレゼントされるのってどうですか?)「嬉しいですね。」「洋服買おうと思ったらサイズを知らないと贈れないじゃないですか。ちゃんと知っててくれたんだなーということが嬉しい。」
・(どうやってサイズ知ればいいんでしょうか?)「こっそりタグを見ればいいんじゃないですかね?」←洋服をひっくり返すジェスチャー付き。


・(どういったものが嬉しいですか?←質問内容違うかも。)「今は白のシャツを集めているので、白いシャツをもらえると嬉しいですね。」(←ここはハッキリともらえると嬉しい、という表現をした。谷原、催促か。催促なのか?!)
・「白は不思議な色なんですよ。ただ白いシャツをはおるだけできっちりとした印象になるし。」
・(今どれくらい持ってるんですか?と聞かれ、)両手を大体肩幅くらいに広げて「・・・これくらい。」(←司会者は多いですね~と言ってたけど微妙な量と答え方でちょっと笑えた。)


・(モデルを始めたきっかけ)「セツモードセミナーに入ろうと思ったらくじ引きにはずれてしまって。半年間何をやろうかなーと思ってモデルの仕事を始めた。」(じゃあ元は芸能人になろうと思ったわけではなくて?)「あー全然です。」(ファッションが好きで?)「そうです。」

・(古着も好きなんですよね?と話題をふられて)「10代から26-7まですごくたくさん集めてた。」
・その流れでアーミージャケット?軍物アイテム?の話になったんですが、この辺ちょっと意識が朦朧としていてうろ覚えです。会場も微妙に興味なさげな雰囲気になったのですが、谷原章介はものすごい真剣な顔で 型 番 を 列 挙 し 始 め た ! ここ、ある意味いちばん谷原章介らしかった瞬間。やはり彼はオタクだw


・(すごく愛犬家でいらっしゃるんですよね?・・・と犬話に。司会者、みなさん犬になりたいくらいですよね?!と会場を煽る。)
 会場「なりたーい。」谷原「どうぞどうぞw」
・(犬種はなんですか?)「ボストンテリアというブタみたいな犬です。実際散歩させてて、おばあさんにそれはブタですか?って聞かれたことがある。」
・(みなさん、一緒に散歩させたいですよね?と再度会場を煽る司会者。)
 会場「させたーい。」谷原「どうぞどうぞww」
・ここで司会者は、私も散歩させてる谷原さんの少し後ろからついて歩きたいですね、と微妙な発言をし、谷原章介に「ちょ・・・wそれはおかしいですよ!!そこはちゃんと隣りに並んで歩きましょうよ?!」と突っ込まれていた。司会者、ストーカー気質なのか?!でもハデ目な外見と裏腹に発想が内向的で、ある意味好印象だったw


・(何歳ですか?)「もうすぐ6歳になります。」(じゃあそろそろ大人しく?)「基本的にこの犬種は大人しくなることはないです。すごくやんちゃで、そこが可愛いんですけど、大事なものとか、革靴なんかいくつダメにされたかわからない。でもそれは出しっぱなしにしておいた自分の方が悪いんで、今はちゃんと片付けるようにしています。よく子供が生まれると子供中心の生活スタイルに変わるとか言われるけど、自分は犬が来てから犬に合わせて生活するようになりましたね。」
・「ストレスがたまってることをメッセージとして伝えようとしてモノを壊すんだと思うんですが、そういうときってぜったいに僕が一番大事にしてるものやよく使うものから壊しにいくんですよね。不思議なくらい。」
・(犬に服とか着せてるんですか?)「家では首輪もさせてない。そのまんまです。寒さに弱い犬種なので、冬は出かける時ヒーターをつけていったり、Tシャツを着せていったりすることはある。」


・(ではこれからのお仕事の予定を。)「来年は大河で今川義元の役をやるんですが、今川義元ってみなさんってどういうイメージがあります?」(会場無言。)「烏帽子かぶって白塗りで点眉でデブデブの公家くずれ、というイメージがあるかもしれませんが、今回はちゃんと武将という側面を描くらしく、今のところ烏帽子も麻呂眉もやる予定はありません。ひょっとしたら晩年に少しくらいはあるかもしれませんが。」
・「年末には明智光秀~神に愛されなかった男~というドラマで、これも時代が結構近い話なんですが、足利幕府最後の将軍をやります。キャストは唐沢俊明さん、柳葉敏郎さん・・・」(途中、なぜか会場から笑いが。)「あれ。なんか失笑が起きましたねぇ。」(ここ、よく聞こえてなくて何で笑われたのかわからなかった。誰かわかる人フォローお願いします。)
・「これはヒステリックで小さ~い男の役です。」


・「みなさん、健康に気をつけて。今日はタカシマヤでお買い物、頑張ってください。」と締め。手を振りながら去っていきました。


谷原さんはどちら側のお客さんにも顔が見えるようにと3回ほど司会者と立ち位置をチェンジしたり、トーク中も遠くの方のファンに向かって手を振ったり。意識的にファンサービスに努めてるようで、頑張ってるんだなぁと感じました。


仕事が増えれば一つ一つへの思い入れや密度も低くなってしまうだろうけど、それは視聴者側から見ても言えることで。一気に露出が増えた分、飽きられないように頑張ってもらいたいです。最近いい意味でも悪い意味でも洗練されてきて少し残念。





いろんなところで言われてる通り確かにマナーは悪かったです。
何度も「撮影はご遠慮ください。」と注意が入るのに全く聞く気配なし。「イベントを中止する可能性もある。」という脅しにも、谷原章介本人の「ご協力お願いしまーす。」という言葉にも全く耳を貸さず、一部の人が終始写メや動画をとりまくっていた。

これは・・・おそらくファンではなかったんだろうと思います。
テディベア話の時に3-4割くらいの人が「えー。」って言ったんですよね。谷原章介に興味あるのにテディベアエピソードが初耳というのはちょっとヘン。多分タダで見られるし行ってみよっか、というミーハーノリな人が多かったんじゃないかなぁ、と予想。


それにしても最新のケータイ電話は素晴らしいですね。頭3つくらい前の人が動画撮ってたっぽいのですが、ものすごくクリアに撮れてましたよ。あれはどうするつもりなんだろ。どっかで還元・・・しないですよねぇ。学校で仲間に見せて自慢してから消すつもりなのかなぁ。
私も、トークショー終了後に、行ってきたよの記念としてせめてパネルだけでも撮影して帰ろうかと思ったんですが・・・・・・。3年前に購入したケータイ(しかもその時点で既に0円。)ではピンボケ写真しか撮れず、何の役にも立たなかった・・・orz


あの後出待ちするために残ってた人っているのかな?なかなか人が立ち去らず、警備員が「谷原さんはもう控え室に戻られましたっ。いくらここで待ってても出てきませんっ!!」と声を枯らして叫んでましたが・・・、でもあの時点では出た形跡はなかったんですよねw近くにいた女の子たちが「中に地下通路があってそこから脱出したんじゃない?!」とか話してたけど、まさかそんなはずはないだろうし。人が減るまで狭いスペースで隠れて待ってたのかなぁ。谷原さん、お疲れ様でした。


ランキングに参加しております。お役に立てましたら、お手数ですがクリックしてやってくださいまし。

コメント:(22) | トラックバック:(0) | 編集 

「眼鏡貸してもらえませんか?」

[未分類]雑記etc ]  2006/11/03(金)
今日、へんなおっさんに声かけられました。

本屋で立ち読みしてたら、妙に必死こいた形相で
「ちょっと眼鏡貸してもらえませんか・・・?!」だって。


少し前にそういう事件ありましたよね。眼鏡やコンタクトレンズばかり狙って強奪するっていう・・・。その犯人は「中学時代、友達の眼鏡を貸りたらよく見えて感動した。」らしく、以来自分に合う眼鏡を求めて窃盗を繰り返してたそうなのですが、
124個も強奪するヒマがあったらお店行ってちゃんと眼鏡作れよ!!


・・・その事件を思い出してしまい、気味が悪くなって断ってしまったんですが、あの人、何のつもりだったのかなぁ。もうちょっと落ち着いて何に使うのか目的を聞いてみればよかった。

でも度の合ってないヒトの眼鏡借りたって意味ないし、フツウ借りるんなら同世代の男性に頼むよねぇ。店員だっているし、大きい本屋さんだったから老眼鏡くらい備え付けてありそうだし。わざわざ女性の細いフレームの眼鏡を選んで借りようとする意味がわからない・・・。


しばらくしたら遠くの方から「キャー!何するんですか、私のメガネーーー!!」「わーッ、オレの眼鏡がぁぁァアアア!!」という悲鳴と共にパリーンという何か割れるような物音が聞こえて・・・・・・

・・・きたら面白いな、と不謹慎なこと考えながらそのまま本読んでたんですが、結局何も起こらないまま終わりました。本当にただメガネを借りたかっただけなのかなぁ。どうも腑に落ちない。


家帰って家族に「何が目的だったんだと思う?」と聞いたところ、母が、「実はオヤジの加齢臭は耳の裏から発生しているらしいよ!!」

私「それが何?」

母「加齢臭をアンタの眼鏡になすりつけたかったんじゃない?」

私「Σ(゚д゚lll)」


変態かい!!
つーか、絶対ちげーよ、そんな理由。(さらっと真顔で何ゆってんだ。)



フツウは断るだろう、と思う反面、不親切なことしちゃったのかなぁと後になって気にしている小心者の私・・・。でもフレーム広がったりしたらイヤだしなぁ。


ランキング

コメント:(2) | トラックバック:(0) | 編集 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。