スポンサーサイト

スポンサー広告 ]  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: | トラックバック: | 編集 

母と昔の流行語

[未分類]雑記etc ]  2008/02/27(水)
はやり言葉が好きになれません。
2007年だったら「どんだけ~」とか「そんなの関係ねぇ!」とか。



母「はやり言葉は17歳の頃から嫌いだった!!」
私「なんでそんな具体的なの。」
母「17の時、アルバイト先の先輩がはやり言葉使ってるの聞いて不愉快!と思ったの。」
私「その頃の流行語って何。もはや戦後ではない、とか?」
母「違うわ!!」


私「バイト先の先輩「売れ行きがいい!もはや戦後ではない!!」
  おかあさん  「やめてくださいっ、はやり言葉なんて!!プリプリ!」」

母「はやり言葉ってそういうんじゃないでしょー?!」



知ってるけど・・・

でも流行語大賞に選ばれるのってなぜかこういうのですよね。
それ、流行語じゃあないだろ?!って毎年気になってしょうがないんだけど。
今だったら多分こんな感じ?


バイト先の先輩「売れ行きが悪い!どげんかせんといかん!!」
おかあさん  「やめてくださいっ、はやり言葉なんて!!プリプリ!」



ちなみに母が17歳のとき、先輩に言われたのは、

「どったの?」(どうしたの?の意。)・・・だそうです。
確かになんかムカつくね(笑)。



「もはや戦後ではない。」は、母に「そんな年寄りじゃないわ!」とツッコんでもらいたかったのですが、調べてみたらこの言葉が言われたのってそんなに昔じゃないんですね。
戦後ではない、んだから当たり前か。少なくとも「どったの?」よりも後だった。


お母さんの青春時代は「まだ戦後」だったんだね・・・。
ちょっとビックリした。



ランキング
スポンサーサイト

コメント:(4) | トラックバック:(0) | 編集 

不幸、ポジティブ大予想!!

[未分類]雑記etc ]  2008/02/24(日)
開き直ってこれから起こりうる不幸をポジティブ大予想!!


・漏電で火事
・カビが原因で変な病気になる
・過労で母が倒れる
・荷物を移動させようとしてギックリ腰
・部屋を乾かそうと窓を開け放した結果花粉症に
・改装後に東海大地震 ← NEW!!



花粉症あたり、シャレにならない!
・・・というか、かなり可能性高いです。
よってこんな感じかな。

 本命 : 花粉症
 対抗 : ギックリ腰
 大穴 : 東海大地震


本当は競馬の・・・なんだっけ、出馬表?
◎とか×とかの結果予想の印をつけたかったのですが、
そんなの調べて真剣に表作ってる場合じゃないので諦めました(笑)。


ポジティブ大予想なのに何か暗いのが不服だけど・・・。



[ 修正版 ]

・漏電で火事 v(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ~♪
・カビが原因で変な病気になる (/^^)/やったぁやったぁやったまーん
・過労で☆母が倒れる
・O(≧∇≦)O荷物を移動させようとしてギックリ腰\( ̄▽ ̄)/ バンザーイ
・ワーイ♪\(^ω^\)三部屋を乾かそうと窓を開け放した結果花粉症に((*^ω^) キャッー
・改装後に東海大地震 ← 人生オワタ\(^o^)/



ふぅ・・・こんなもんで勘弁してやるか。

顔文字、普段まったく使わないので調べに行ったのですが、(←結局調べてるヤツ。)
なんか・・・スゴイんですね。


(/^^)/やったぁやったぁやったまーん

こんなの使ってる人いるの?!
彼氏がこんなの書いてきたら別れが頭をよぎると思うよ。



ランキング
壊 れ 気 味 !

コメント:(6) | トラックバック:(0) | 編集 

トラブル続き

[未分類]雑記etc ]  2008/02/21(木)
今年に入ってから地味に悪いことが続き、「お祓いに行ったら?」とまで言われていたのですが、(実は例の自転車の件より前から言われていた。)2月頭から風邪で1週間寝込んだり、そのしわ寄せで忙しくなったり・・・とバタバタしている内に日が過ぎていました。

ここもすっかり放置してましたが、そろそろ再開、と思っていたのですが、今度は、


上のうちの温水器が破裂して、水漏れ。
家が水浸しになった!

エーン・・・。


叫び声で夜明け前に叩き起こされ、フラフラになりながら見に行ったら天井からボタボタと汚い水が降っている・・・。上の住人は寝ていたらしく、起こして元栓を締めてもらったのですが、破裂して流れ、床にしみこんだ水は回収のしようがなく、結局全部漏りきるまで見守るより対処のしようがないと言われてしまった。

家中のバケツと皿、どんぶりを総動員させて水を受けてたんですが、見える部分に気をとられていて見えない部分を忘れていた。
・・・押入れも水浸し!!!!!


うち、春に改装しようと予定を立てていて、ちょうどいろんなものを処分したところだったんですよ。布団も古いのは捨てて、新品だけ残してたのに!
お皿も移動に大変だからかなり処分し、使うものだけ残してたんですが、その使う皿で水を受けてしまった・・・、でも寝ぼけてたし必死だったんですよ、何とかしないと今度は更に階下まで被害が及んじゃうし。

(近所のある人は、台所で栓をし水を流しっぱなしにしたまま外出、その階下の住人も仕事で1日留守にしていたため、下の下の階まで被害が出たと言っていた。ちなみに今回は温水器破裂、で上に向かって水が噴出したため、上の階にも被害が出ているらしい。)


みんなでぞうきん片手にオロオロしていましたが、(上の住人も一緒に。)時間になったので水よけながら弁当作って朝食食べて会社に行きました。
夕方ごろには降ってこなくなったようですが、まだ中心部は湿っているらしく、


「漏電の危険性があるから電気はつけないように。」
「暖まるとカビが生えやすくなるから暖房つけないように。」
と言われ、


今はなんと、
・・・ろうそく1本で明かりと暖をとって過ごしております。
ムゥーディ~♪キャンドルナイト~!!


ていうか、この時代に何なんだこの状況は。
暗いよ~ 狭いよ~ 寒いよ~。
(あ、狭いのは元からだった!!)



保険降りるみたいだし、なるべく前向きに考えようとは思ってるんだけど・・・。

「改装した後じゃなくて良かったぁ~、不幸中の幸い!」とか、
「カビが生えやすい6月じゃなくて良かった!」とか、「MAXで忙しい時期(12月)じゃなくて良かった!」とか、「溢れたのがトイレじゃなくて良かった!」とか、「ヤター、和室にプールができたよ~!」とか、「居間にいながらシャワーが浴びれるヨ!」とか、「自宅がおっきなフリーサーバーに!」とか・・・。
(意味不明。)


文章の書き方も忘れつつあるので、また徐々に慣らしていきたいです。
ついこの間もそう書いたような気がするんだけど、立て直そうとするたびに次のトラブルが起きるんですよね・・・。



ランキング

コメント:(6) | トラックバック:(0) | 編集 

読んだ本

[レビュー]本・読書 ]  2008/02/04(月)
お昼や会社帰りに読んでるけどなかなか増えません。
書きかけ放置の感想もありますが基本自分用メモなのでテキトーに見てくださいね。

ちなみに今現在もっとも面白かったのは
新世界より」(貴志祐介)
ここ数年来のヒットかも。こんなに興奮しながらページをめくれる本にはしばらく出合えないだろうな。
(ちなみに上下巻モノです。長いけど最後の方は読み終えてしまうのが寂しくなるぐらい感情移入してしまった)

あとイニシエーション・ラブ」(乾くるみ)もミステリファンにはオススメ。一見ライトな文体に騙されて雑な読み方をしてしまった自分に後悔してます。できれば記憶喪失になってもう一度ていねいに読み直したい・・・。

何だかんだで今年は当たり多いかな。




海辺のカフカ(上)」(村上春樹)
村上春樹、再挑戦してみたが、裸の王様的な感じがやっぱり苦手。ストーリーというよりも言葉の選び方とか、ポエム的に楽しむものなのかな。世界で一番売れてる

99%の誘拐」(岡嶋二人)
クラインの壺」が面白かったので手にとってみた。実は誘拐物の大御所で『人攫いの岡嶋』とまで言われているらしい。プロローグは面白かった。これが最先端技術・・・?と違和感感じながら読んでたら刊行年が1993年なんですね。納得。

私が殺した少女」(原寮)
各賞を総嘗め(?)と聞いて期待しすぎたかな。ラストがちょっと唐突すぎる印象。でも巻き込まれ方はスリルがあったし、中盤も割と面白かった。

失はれる物語」(乙一)←すごくオススメ
しらける人と感動する人と大きく分かれそうだけど、私はいい匙加減だなと思いました。短編だしどれか一つは気に入る話がありそう。

警官の血(上)」(佐々木譲)←すごくオススメ
ロングスパンな話は苦手なんだけど、親子3代の人生に付き合ったからこそラスト数ページを楽しめたんだと思う。読後感は良かった!後日「このミステリがすごい2007」で1位に。

流星の絆」(東野圭吾)
一気読みできるし、いい感じにまとめてさすがだな~と思ったが、東野圭吾作品としては物足りないかも。ドラマ化したがキャストが好きになれなくて見る予定ナシ。

チーム・バチスタの栄光」(海堂尊)
映画化で話題になってたので読んでみたが、白鳥が出てきて疲れた。パッシヴ・フェーズ調査とか、正直よくわからん・・・。

イニシエーション・ラブ」(乾くるみ)←すごくオススメ
文庫化されて発見できたので読んでみた。「陳腐な恋愛譚?お勧めにあがってた気がするけど失敗だったかな・・・。」とかなりテキトーに読んでしまい後悔。気づかず読んでいるときと、読み終わった後で全く違う世界が見えてきます。オススメ!私の分まで真剣に読んでください・・・(悔)!

乳と卵」(川上未映子)
芥川賞受賞で話題になってたのでとりあえず読んだけど、あまり好きじゃない。たまにミステリ以外のものに手を出すとこういう読後感が多いのは何でだろう。湿っぽくて薄暗いのが文学なのかな。

届かぬ想い」(蘇部健一)
キモイ!ロジック的にはなるほど・・・と思ったけど、でもキモイ!

顔(FACE)」(横山秀夫)←割とオススメ
横山秀夫にハズレなし。文体もクールで好きだし、展開も無理がなくていい。

隠蔽捜査」(今野敏)←これもいい
タイトルから現場の話を期待したのにキャリアの話だった。おっさんの友情もの。絶対に萌えさえようと思って書いてるよね・・・?思う壺です。おっさん好きな人に。(後日ドラマ化したがキャスティング、逆の方が良くない?!陣内孝則と柳葉俊朗。)

暗黒童話」(乙一)
黒乙一。病んでます、好きじゃない。

鴨とアヒルのコインロッカー」(伊坂幸太郎)
伊坂幸太郎、はやってるみたいだけど文体が好みじゃないかも。第25回吉川英治文学新人賞作品。

凍える牙」(乃南アサ)
女性刑事と中年刑事のコンビもの。徐々に関係は変わっていくものの、中年刑事の女性蔑視の甚だしさに不愉快な気分に。でも文体は好みだし、シリーズ化されてるらしいのでまた機会があれば続きを読んでみたい。

パラサイト・イブ」(瀬名秀明)
今更ですが読んでみた。バイオホラーと書かれていた。なるほど。ミトコンドリアの話はかなり興味深く、学術部分は面白く読めた。(人間の細胞の一つではなく、別個の生物との共生らしい。)

震度0」(横山秀夫)
ドラマ化されたらしいが、國村準の刑事がはまりすぎでちょっと興味ある。よくしゃべる倉本が気持ち悪かった。ハンサムでもこんなオトコ嫌だ。

償い」(矢口敦子)
帯に惹かれて手に取ってみたが、イマイチ感情移入できないまま終わってしまった。偶然が多すぎるのが胡散臭いし、今となってはありがちなテーマ。

リピート」(乾くるみ)←すごくオススメ
面白かった!登場人物が矮小で不快、という評価をよく見たけど、人間なんてこんなものなんじゃないかな。SFだけどそこだけ妙に現実味がある。嫌な気分にはなったけど惹きこまれた。

百舌の叫ぶ夜」(逢坂剛)
荒唐無稽なハードボイルド。時系列がバラバラなところが面白かった。でも日本の警察ってここまで腐敗してるの・・・?人、殺しすぎで疲れた。後書きは可愛かった。

鑑識米沢守の事件簿」(ハセベバクシンオー)
ライトノベル?小説としては物足りないけど、相棒キャラものとしては小ネタも笑えたし面白かった。来年映画化予定。櫻井さんの脚本なら期待できるかな。

夜にその名を呼べば」(佐々木譲)
テーマも面白かったし、最終章で役者がそろってからすごい勢いで読めたのに・・・読後感が2時間サスペンスなのは何故だろう。

マリオネット症候群」(乾くるみ)
バカ本だと思ってたら・・・コワイよ~、なんだこのラスト。キャッキャウフフ、あはは。ヒーー!

さまよう刃」(東野圭吾)←これもいい
重い。少年法に疑問を持っていても、結局個人では何もできないので心が疲れた。父親よりも「少年たちが殺されてもいい。」と思ってしまう若い警察官の葛藤が心に残った。ラストはちゃんとミステリになってて(・・・忘れてたよ。)ビックリした。

夜市」(恒川光太郎)
第12回日本ホラー小説大賞受賞作。このところ帯に惹かれて読むとハズレ続きだったがこれはなかなか良かった。ホラーというよりミステリーかも。

新世界より(上)」(貴志祐介)←すごくオススメ
面白かった!こっちはファンタジーと見せかけてホラー。久しぶりにページを繰る手が止まらなかった。こんなに長い話を、緊張感保ったままよく書けるなぁ。ラスト数ページで明らかになる救いのない真実に何ともいえない気持ちになった。人は罪深い生き物だと思う。心に残る本。

天使に見捨てられた夜」(桐野夏生)
ストイックな女性探偵かと思ったら敵方のボスと寝て失態犯したり・・・何か気に入らない。途中まではハラハラ読めたのに、ラストもあっけなかった。でもamazonでは評価高い。以前読んだ桐野夏生作品も、読後感が「で?っていう。」だったので、合わないのかもしれない。代表作(?)「OUT」がつまらなかったら読むのやめよう。

蝋涙」(原田 康子)
言葉もキレイで読みやすいのに、何も心に残らないのは私に感受性が欠落しているから?2回目読んでも何も思い出せない気がする。教科書に載ってそう。

天使の囀り」(貴志祐介)←割とオススメ
荒唐無稽な話なのに生物学的・宗教的な知識に裏打ちされた妙なリアリティがある。一気に読めた。でも映画化されても絶対に見たくないです。
あと後書きも必読!(瀬名秀明が自分と比較して落ち込んでます。)確かにこっちの方がアカデミックで面白かったしね・・・、ごめん。でもパラサイトイブもなかなか良かったよ、ナイスファイトだよ。(←何様?)

てのひらの闇」(藤原伊織)←これもいい
主人公はリストラ目前のアウトローな中年男。でも実は能力があり、秘めたる過去があり、仲間はみな知的で男気あふれている!・・・という、マンガか?!と思えるようなキャラクター設定。会話も小粋。・・・出てくる人全員、会話が小粋です。

分身」(東野圭吾)
1人2役でキレイな子でドラマ化したら映えるだろうけど、お母さんのビジュアルで萎えるだろうな~。ラストがちょっと物足りない。

最悪」(奥田英朗)←すごくオススメ
鉄工所社長の川谷さんに感情移入してしまい、途中までは読むのやめようかと思うぐらい辛かったが、不幸の坂を転げ落ちてきた3人が一堂に会してからが面白かった!思いのほか読後感がよいことにもほっとさせられる。映画化のオファーが殺到したという話にも納得。

OUT(上下)」(桐野夏生)
貧しい主婦たちの生活や転落ぶりはリアルで面白かったのに、雅子と佐竹の関係がメインになってから急に現実感がなくなり、そのまま終わってしまった。この人の作品っていつも丸投げ感があるんですよね。結局描きたかった「OUT」は社会から逸脱していく主婦たちなのか、性的マイノリティなのか?桐野夏生の出世作なので、これで合う合わないが判断できるかも。
映画化は失敗したっぽいですね。佐竹がカンペーちゃんて(笑)!

ルパンの消息」(横山秀夫)←すごくオススメ
加筆ありとはいえ、これが処女作だなんて。

GOTH(夜の章)」(乙一)
短いなと思ったら分冊されたシリーズを読んでしまった。感想は、いい大人としては「ウ~ン・・・」て感じ。退廃的なものに焦がれる中高生時代に出会いたかったかな。

バッテリーⅡ」(あさのあつこ)
一大ブームを巻き起こした、(よね?)児童書。作者はこういうキャラ設定に食いつく層がいることを予め知って書いてると思うんだけど、


影踏み」(横山秀夫)


「流星ワゴン」

「脳男」

「奪取」

「京大芸人」




ランキング

コメント:(0) | トラックバック:(0) | 編集 

変質者は妄想力を鍛えるべし!

[小ネタ]ニュース・時事ネタ ]  2008/02/04(月)
大阪府茨木市などの住宅街で女児用下着などが投げ込まれる被害が100件以上相次ぎ、府警茨木署は2日、同市彩都あさぎ3の会社員、押谷和夫容疑者(48)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕した。押谷容疑者は「下着を身につけると興奮した。捨てた下着を他人が見たら嫌がると思い楽しかった」と供述しており、府警は余罪を追及する。




今更ですが昨年あった事件。

たとえば局部丸出しでババーンと登場し、女性が嫌がる姿を見て楽しむ、とか、
下着を投げ込んで、悲鳴をあげる住人を確認して満足するとか、
・・・理解はできないけど、まぁやろうとしてることの意味はわからなくもない。
人が嫌がってるところ見ると興奮するんだね。


でも・・・ この人、見てないよね?
下着、置くだけ置いて家帰ってるじゃん。そこが意味不明!
「今頃オレが捨てた下着拾ってキャーとか言ってんだろうなぁ、あの家の人。ムフフ。」とか、
・・・家で思ってるだけですか?!

だって、実際に見なくても、嫌がってるところを妄想するだけで楽しめるなら、
本当に下着を捨てに行く必要なんてないじゃんか。


最初のシーンから、全部妄想で処理しろよ!!



(例)

1.「女性もの下着を買いに行くオレ。」(妄想)

2.「それを身に着けて出社しちゃうオレ。・・・フフ。」(妄想)

3.「脱ぎたての下着を玄関に置くオレ!軒先につるすオレ!自転車に縛り付けるオレ!」(妄想)

4.「それを発見する住人!誰がやったの気持ち悪いと悲鳴をあげる住人!脅える住人!(妄想)・・・ハァハァ」


・・・これなら誰にも迷惑かけないから無問題!!

なのになんで1~3まで実際手を下しておいて
肝心の4番だけ妄想なんだ!!!
もうそこまでヤったなら、逆に、物陰に隠れて最後まで確認しろよ!!


嗜好・性癖は変えられないと思いますが、
出所後は、全部妄想で処理できるように進歩してください!



ランキング



こんなのん気な話(?)を家族でしてたんですが、後日押谷容疑者宅から女性の遺体が発見されたという報道がされていた・・・(と思う)。ただのハンパ妄想野郎じゃなかったんですね。怖いよ~・・・。

コメント:(7) | トラックバック:(1) | 編集 

劇団ひまわりの実力

[小ネタ]家族ネタ ]  2008/02/01(金)
予防接種をされた男児が大泣きしている二プロのCMを見ていて



母「ねー、あの泣き方は演技じゃないよねぇ。」

私「わからんよ?!劇団ひまわりかもしれん!」

母「えっ!ひまわり?!」

私「劇団ひまわりをタコ殴りにして泣かせたかもしれん。」

「ひまわり意味ねぇーー!!!」



ランキング

コメント:(4) | トラックバック:(0) | 編集 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。