スポンサーサイト

スポンサー広告 ]  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: | トラックバック: | 編集 

ゾウにまつわるエトセトラ2「象は鼻呼吸か口呼吸か?」

[未分類]雑記etc ]  2009/04/17(金)
(ゾウに関するゆるい雑談つづき)

象は柔らかいものでもつぶさず上手に鼻で運べるらしく、豆腐を鼻で運んで食べていたのですが、運んでる最中に鼻で呼吸しちゃって豆腐の欠片を吸い込む、という危険性はないのでしょうか。

人間でも鼻に食べ物入るとツライのに、あの長さの真ん中ぐらいに詰まったら一生フンガフンガ言いながら生活しなきゃならなそうだよね?!



「象の鼻はもうモノを運ぶのに特化していて、呼吸する器官じゃなくなってるんじゃないの?」という母。

じゃあ口呼吸ってこと?
でも口呼吸は万病の元なんだよ?!
ゾウが万病になっちゃうじゃん。

口呼吸は万病の元 の検索結果 約 5,610 件中 1 - 10 件目 (0.14 秒)



母「でもゾウが鼻呼吸だったら毎日ボェ~ボェ~うるさいんじゃない?」

え? ボェ~ボェ~??
何で??


母「だってゾウが鼻呼吸したら笛になっちゃうでしょ?」

・・・・・・
え、ゾウが笛に・・・??
確かにリコーダーの一番下の押さえるところは鼻の穴みたいになってたけど、上から下に空気が抜けるだけでは笛にはならないんじゃ・・・?

鼻の上面にリコーダーと同じように穴を開けたらもしかしたら鳴るかもしれないけど、
想像したらコレ、何か猟奇的だよね・・・?!

ゾウ



そう思いながら何となく検索してみたら、同じこと考えてる人を発見!!

ただし音楽研究所の研究テーマらしく、
可愛らしいイラストとは裏腹に説明文が何だか怖い。



・象の鼻に穴をあけ、訓練して自分で演奏を行わせます。

・象の鼻は軟骨で中央で仕切られているため、左右で違う音程を出すことにより、和音で演奏ができます。



シャレにならない空気を感じる・・・、
真剣に考察しちゃってるよ、ゾウ楽器化計画!!(ブルブル・・・)

音楽研究所 研究テーマ->楽器->空想楽器->象の鼻笛
http://www.asahi-net.or.jp/~hb9t-ktd/music/Japan/Instrument/Fantasy/flute.html



更に検索してたら、yahoo知恵袋で、「ゾウは鼻呼吸なのですか?」という質問を発見しました。
(ようやく正解に辿り着けるか?!)


その回答がコレ。


戦前の上野動物園にいたゾウは、花子とトンキー(とジョン)でした。
無理やり絶食させられて餓死したときに、キューっと啼いたそうです。

「花子、キュー」



花子、キュー → はなこ、きゅー → 鼻呼吸。

駄ジャレかい!!!



しかも質問者のoseetenyanさんは「答えになってないけど、おK!」とベストアンサーに選んでいた。

全っ然おKじゃないから!!!



結局ゾウが鼻呼吸なのか口呼吸なのかはわからず終いです。
偶然この記事に辿り着き、尚且つ正解を知ってる方がいたらこっそり教えてください。


肺呼吸なのは確かなんだけどねぇ・・・。



ランキング
スポンサーサイト

コメント:(4) | トラックバック:(0) | 編集 

象にまつわるエトセトラ1

[未分類]雑記etc ]  2009/04/14(火)
(象に関するゆるい雑談。)

動物番組を見てたら妹が「私、ゾウってあんまり好きじゃないんだて!」と話しかけてきた。「キメが粗いから?」と聞いたらそうではなくて、いかにもたくさん食べそうなところが「なんかイヤ」らしい。

・・・嫌うポイントがよくわからないんだけど・・・。


ゾウを飼うのがイヤだとか、ゾウに生まれ変わるのがイヤだっていうんならわかるけど、ゾウがどれだけモノ食べようと何の害もないんだし、そんなことで嫌わなくてもよくない?



妹「むかし教科書で戦時中にゾウが逃げるといけないから殺されちゃうお話があったでしょー。殺すために毒入りのじゃがいもを与えるんだけど、ゾウが毒の入ってるヤツだけ避けて食べないんだって。」


じゃがいものエピソードは記憶にないけど
「かわいそうなぞう」だよね。
ゾウの花子。


妹「でももう毒入れちゃったじゃがいもは誰も食べられないし、その後そのじゃがいもをどうしたのか気になってるんだよね。」


・・・・・・。

それが何?!?!



私「え?・・・それがゾウを嫌いな理由?」

妹「うん?

  いや、単にゾウで思い出したから言ってみただけだけど?」



・・・まぎらわしーわ!!!



ていうか妹が芋好きなのは知ってたけど、あのお話を読んでじゃがいもの行方を気にしてる人なんて初めて見たよ。
こえーよ!!!


ランキング




久しぶりにアクセスが大台乗ってて(1300くらい?)
何かと思ったら、「箕輪はるか 肺結核」のニュース記事内でうちのブログが紹介されていた。
・・・何も書いてないのにテキトーだなぁ・・・。

コメント:(1) | トラックバック:(0) | 編集 

毛虫駆除って役所で頼めるの?

[未分類]雑記etc ]  2009/04/13(月)
(フツウの日記)

妹の通勤経路が桜並木で、今ぐらいの時期は最高らしいのですが、桜の季節が終わると毛虫が大発生して地獄の日々がやってくるらしい。

花見の季節には「近くで桜を見られる!」と重宝されていた桜並木を突っ切るように通っている歩道橋も毛虫だらけ。風で飛んでくることもあるらしく、足元だけじゃなく全身気を抜けない!!


去年もブーブー文句たれてた妹ですが、今年は駆除をお願いするべく、早速タウンページで役所の生活センターの電話番号を調べあげていました。(フットワーク軽!)

しかも、妹の会社のすぐ近くに住んでいる先日のいとこ2人も、「あの桜並木知ってるでしょう!あんたたちも電話しやぁ!(方言)」と巻き込まれ、兄の方はケータイに勝手にTEL番を登録されていた(笑)。



でも本当に役所で対応してくれるのかなぁ。

「そんなのいちいち対応してたら予算が足らんやろ。」と逃げ腰のいとこ(兄)。でも妹が言うように、××公園(わが町における花見の名所)はちゃんと駆除されてる気がするんですよね。桜の季節が終わってもチューリップ祭りとかで客は来るし、遊具で子供たちも遊ぶから毛虫だらけだったら即クレームつきそうだし・・・。

妹いはく、「みんな、誰かが言ってるだろうと思って電話してないだけで、意外と言ってみたら簡単に解決するかもしれん!」


私「でもまぁ断られても××公園に電話して駆除の方法を教えてもらう、って手もあるしね。」

いとこ(兄)「・・・?」

私「やり方教わったら3人で集まって駆除してこればいーじゃん!」

いとこ(兄)「・・・!!!ぜったいに嫌や(泣)!!!!」



どうなるかはわかりませんが、今回いとこたちのおかげで珍しく妹に巻き込まれずに済んでラッキーです。



ランキング

コメント:(0) | トラックバック:(0) | 編集 

ボケてウンコを投げる老人

[未分類]雑記etc ]  2009/04/08(水)
久しぶりに従兄弟(兄と妹)が遊びに来ました。

妹の方が介護の資格をとったということで、夕飯を食べながらその話をしていたのですが、


いとこ(妹)「ボケちゃうとみんなウンコ投げるらしいよ!!」


・・・あっという間にウンコの話になった・・・。
(血は争えない!!!)



いとこ(兄)「え~ゴリラやないんだからそれはないやろー。」

いとこ(妹)「ほんとやって!!みんなこねたり投げたりしだすらしいよ。」

私「ウン、よく聞くよね。だからウチではお母さんがボケたときのためにキャッチボールの練習をしておこうって言ってるの。」(参照

妹「言ってるの。ってアンタが勝手に言っただけジャン!!
  私うんこキャッチするの嫌だわ!!」

私「えー?! ・・・あっ、じゃあラクロス!!」

妹「・・・」

私「ラクロスでキャッチしようよ!よし決めた。ラクロスはじめました!」

いとこ(兄)「でもラクロスって網目がでかいじゃん!」

妹「・・・ツッコむ所そこ?!」

いとこ(兄)「網目からしゅーってウンコ出てくやろ。」

私「・・・・・・。

  じゃあテニスのラケットで・・・」

妹「お母さんにウンコ打ち返すなよ!!」

私「・・・・・・。」



一応食事中なのでその辺でテキトーに話は終わらせたんですが、
後から改めて、真剣に介護問題に取り組んでみた。



・・・バスケットボールがいいんじゃないかな?!


当然ゴールは下の部分が開いてないヤツね!
ゴミ箱状になっていてそこにウンコをシュート!
シューティングうんこ!!
袋をかぶせておけばそのまま簡単に始末できるし・・・名案だよ!!
ウンコでダンクシュート決めたらなんか楽しそう!



妹「でも老人はただ投げるだけでシュートしないんじゃないの?」


・・・・・・。


だから、それは・・・


私「老人がパスしたウンコを私がキャッチして・・・だんくしゅーと・・・・・・・」



(意味がねぇーーーーーーーーーー!!!)



話は一周して元のところに戻ってきました。



私「やっぱりキャッチボールの練習しよっか?」

妹「・・・・・・。」



ランキング




関連記事
家の恥、父(捨て身の記録)
放火魔と前向きな従兄弟

コメント:(2) | トラックバック:(0) | 編集 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。