スポンサーサイト

スポンサー広告 ]  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: | トラックバック: | 編集 

「白い春」最終回感想 ハッピーエンドバージョンをDVD特典映像に入れて欲しい!

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2009/06/25(木)
白い春最終回見ました。
思わず「うそーん。」って言葉が出たよ。

家族でも話してたんだけど、う~ん・・・死んじゃっちゃあねー・・・。


はまって見てる人のほとんどは春男やさちが幸せになれるところを見届けたいと思って見てるんだから、最終回で死ぬなんて、登場人物も見てる私たちも悲しいしDVDも売れないだろうし、正に誰得(誰が得するの?)ってヤツだと思う。

もう陳腐だろうとご都合主義だろうと、見ていない人があらすじだけ聞いて「おかしいでしょその展開!」と思ったとしても、はまって見ていた者としては3人に幸せになって欲しかった!!普段「辻褄合わない。」とか細かいところに難癖つけてブーブー言ってるあまのじゃくの私でさえ(←最低な自己評価。)そう思ったぐらいなんだから多分みんなそうだよ。

春男に「オレがいないとすぐ散らかすんだから!」と文句言われたパン屋が言い返しながらもちょっと嬉しそうなところとか、すんごく萌えたのに!!


もうそのまま送別会をやって、その席でパン屋の口から「実はおじさんはさちの本当のお父さんなんだよ。」って伝えたらいいよ。春男も「でもこいつも本当のお父さんなんだよ。」って答えればいい。8話のサブタイトルじゃないけど、「私にはお父さんが二人いたんだね!」で大団円。みんなで仲良く幸せに暮らせばいいじゃん。(さちは既に知ってるのに誰も本当のことを教えてくれない、っていうのはかえって苦しいと思うんだけど・・・どうなんだろうあの結末。)

跡継ぎが出来て嬉しそうだった定食屋のおじいさんも可哀相だから、春男は定食屋を継げばいいし、そこにパン屋一家が時々食べに来たり、パンを売ったりすればいい。パン屋が忙しいときは春男が手伝いに行くといい。
二人して授業参観や運動会や卒業式や結婚式に出ればいいじゃん!

で、さちが描く絵にはいつも幸せそうな3人がいるんだよ。その絵でエンディング。
陳腐でもその方がよかった!!
せめて死なないでくれれば、本当の父親だと名乗らなかったとしてもその後を空想する余地があったのになぁ・・・。



もういっそのこと、「白い春」DVD発売の際にハッピーエンド、幸せバージョンで最終回を作り直して特典映像として入れたらいいんじゃないかな?


鉄腕アトムの最終回でアトムが死んでしまってものすごいブーイングにあい、後から死なないバージョンの話を作り直したらしいけど、(でも死ななければ死なないでまた反応は微妙だったらしい。文句言いつつもカタルシスを感じてたんだろうね。ファンは身勝手。)それと同じような感じで!

そうすればDVDも売れるよ。あれっ春男死んだような気がしたけど夢だったかな?って思うことにするからさ。死んだバージョンも入れても別にいいよ、そっちは見ないけど・・・。





でも最終回で期待を裏切られて脚本家をけなしまくってる感想を見たけれど、それだけのショックを与えられるってのはやっぱりすごいよね。たくさん心に残るシーンはあるけれど、友達に説明しようと思ったらその感動の一部も伝えられないと思う。役者さんもうまかったし、演出も良かった!!好きな小説がドラマ化されたのにイマイチな出来で「映像化した意味がわからん。」とよくブリブリしてるんだけど、「白い春」は本当にドラマとして作った意味があったと思うよ。実際存在しない人にこれだけたくさんの人が肩入れして、幸せになって欲しいと願うってすごいことだよね。一次創作っていうのはお話を作ることじゃなくて、ヒトを作り出すことなんだな、と思いました。その才能がうらやましい。


あ、前回の感想で、喜多善男と白い春の脚本家を混同してる人が多いのは何でだろう?と書いたんですが、脚本家ではなく演出家が一緒なんだそうです。確かに同じ空気を感じるけど・・・脚本家とか演出家って具体的にどういう仕事をしてるんだろう??セリフは脚本家だよね?

最終回だと、「俺だってアイツの子供に生まれたかった。」というセリフは意外性があってびっくりした。予想を越えた名ゼリフだと思う。

たくさん良かったシーンはあって書ききれないけどまた同じスタッフのドラマがあったら絶対に見ようと思います。なので始まる前にちゃんと「白い春」「結婚できない男」のスタッフによる、という説明をつけてくださいね。そして今度はハッピーエンドにしてください・・・。
よろしくお願いします。



ランキング





<!--ココから文句-->
途中から急に話が失速した感があったけど、多分脚本家はどうしようか迷ってたんじゃないのかな。視聴者の予想とか、こうなったらありがち、みたいな意見に惑わされて落としどころを見失ったような気がする。

さちが病気になるエピソードも、残り話数少ないところで時間さいてるからココが起承転結の転なのか?!と期待したのに全くストーリーに影響なかったし(展開を予想してた人たちは肩透かしを食らったと思うな。)さちに春男が本当のお父さんだと伝えるシーンも本来ならクライマックスのはずなのに演出テキトーすぎ。


そして刺されるシーンも復讐犯の登場が唐突すぎて説得力がない。
普通の感覚の青年だったら親を殺されたからって復讐しようとは思わないだろうし(ヤクザの親分なんて殺されてもしょうがない商売だよね。)カタギじゃないのなら私怨はご法度だし、ボスの命令なしに服役して出てきて組を抜けた人を勝手に殺しに行ったりなんてしないよね。(ヤクザの世界知らないけど。多分。)春男なんて命令で動いただけのコマなんだしさ。どんなけパパラブなんだよ。

それにパパラブならちゃんと予習しろよ。何で人違いしてパン屋を刺す?!春男を見てお前誰だ!って・・・パパが殺されたとき犯人として新聞に写真載っただろ!!オッサンなんだし、顔変わってないっつの!!


どうしてパン屋に現れたかもわからないし、(居所を突き止めるんならワッフル屋二人から辿って、プレハブにたどり着く方が先じゃない?)既にパン屋辞めてるのに、たまたま久しぶりに行った日に復讐犯現る!とか・・・とにかく今までの丁寧さからは考えられないぐらいに雑な展開だった。

人を殺めた人間が幸せになってはいけない、みたいなことをインタビューで言ってたらしいから死ぬこと自体は予定通りだったのかもしれないけど、タイムアップでとりあえず決着つけないといけないし津田寛治の伏線も回収しないといけないしで慌てて殺しちゃったような印象を受けました。


あと死んだ人が幽霊(?)として出てくる演出は好きじゃありません。以前「新選組!(大河)」もすごく萌えて見てたけど、死んだ源さんが出てきて話しかける回だけは受け付けなくて半笑いで見ていた。


途中まで素晴らしかっただけに最終回だけはいろいろと残念です。



それから最後にさちがおじさんと自分しかいない絵をモリモリ描いて、家族がヨカッタネと見守ってるシーンは、・・・ちょっとホラーだった。単に感動のシーンをさちの絵で振り返る、という演出だったのかもしれないけど、みんな壊れちゃったのかと思ってすごく怖かったです。

幸せバージョンではちゃんと二人のお父さん+さちの3人の絵で終わってね。
(↑しつこい。むしろ私の方が壊れてるっつの!!)
<!/--ココまで文句-->

コメント:(2) | トラックバック:(1) | 編集 

「MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」感想と脳トレパン(山崎パンコラボ商品)

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2009/05/27(水)
母「山崎パンがあの番組とコラボした脳トレパンが売ってたよ。」

私「あー、あれ!」

母「うん?」

私「アハ?!

母「ちがう。」

私「モギ?!

母「だから違うって。」

私「タゴ?!

母「・・・・・・。」

妹「全部2文字で答えんな!!」



脳トレパンとか言うので、てっきり茂木先生とか多湖先生とのコラボかと思ったら、キムタク主演のドラマ「ミスターブレイン」とのコラボ商品だった。「華麗なる一族」の時はカレーパン作ってたよね、山崎パン。でも「ミスターブレイン」、6回ぐらいで終わるドラマらしいし、そんな短期間の企画モノで儲け出るのかな。

どうせコラボ企画なら、パンがドラマをPRする代わりにドラマの方でもパンをPRしてあげればいいのにね。考えるシーンの前に「脳のエネルギー源はブドウ糖だけ!」とか言いながら脳トレパン食べるとかさ。ついでに余ったカレーパンを食べてもいいよ。(←勝手に余ってると決め付けている。)さすがに「華麗なる一族」でみんなでカレーパン食べてたらおかしいかもしれないけど(全然華麗じゃないよ。)「ミスターブレイン」ならOK。(多分。)画面ガシャガシャしてるし。


アハモギタゴ アハモギタゴ アハモギタゴ アハモギタゴ アハモギタゴ アハモギタゴ アハモギタゴ アハモギタゴ
 (↑ オシャレな区切り線)


トレパンはさておいて、「MR.BRAIN」感想。
キムタク主演となればTBSも総力をあげて面白いものを描いてくるだろう!と期待して見たんですが、あんまり面白くなかった。

脳科学の小ネタも目新しいものはなかったし、「天才脳科学者の名推理!!」にしては、ペナントが張られてたとか寝て横から見るとか、名探偵コナンレベルだったような・・・。
そもそも事件解決に脳科学、ほとんど関係なかったよね。
世界一受けたい授業と名探偵コナンを交互に見てるみたいだった。


キムタクの変人キャラも微妙にウザかったし。

「BOSS」の志田未来を見てても思ったけど、頭のいい人を表現するのに、小難しいことを早口でベラベラまくしたてることで演出するのがあんまり好きじゃない。「相棒」の右京さんも最近多少そういう傾向があるけど、初期は違ったよね。ほかに演出の仕様がないのかもしれないけど、だったらいっそのこと設定だけで押し切って欲しいな。「俺、寿限無いえるよ!」と言って聞いてもいないのにおもむろに暗唱し始める人みたいな・・・、自己主張が激しくて空気読めない人みたいで何か嫌だ。(賢そうには見えない。)


それから母に「あんた科警研とか好きでしょ。」と言われたけど、
「科捜研の女」や「鑑識班」は、縁の下の力持ちポジションの人たちが地味に黙々と仕事してるのを見るのが好きなんですよね。テロップでちゃんと作業の説明が出るところとか。
このドラマだと結局何をやってるのかわからなくて、それっぽさだけで煙に巻かれてる感じ。科警研ってあんな派手でサイバーなところなの?


役者陣は豪華だった。広末涼子や戸田恵子、杉本哲太はあれで出番終わりなのかな、ここまで豪華にしなくてもいいと思うんだけど、TBS、「MR.BRAIN」と心中するつもりじゃないよね・・・。



良かったところ
・志賀廣太郎。「フハハハ・・・!」と高笑いの演技しようとするところで何度もキムタクに止められるのがかわいそうで笑えた。聞いてあげなよ(笑)。壁ぬけのCGも可愛い。

・津田寛治がカッコよすぎる!眼鏡!スーツ!スーツ!!メガネ!・・・とテンション上がってたらあっさり死亡。がっくり。

・香川照之のキレ芸が良い。(by母。)



好きになれないところ
・メインで使われてるあの曲がどうしても好きになれない。



でも一応来週も見ます。
あ、視聴率はめちゃめちゃよかったらしくてビックリしました。
キムタクブランドは健在なのか。



ランキング

コメント:(2) | トラックバック:(1) | 編集 

感想「白い春」がものすごくイイ!!

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2009/05/19(火)
今期見ているドラマでぶっちぎりに良いのが「白い春」です。

殺人を犯し刑務所から出所してきた男(阿部寛)が自分の娘と知らずに娘(大橋のぞみ)と出会ってしまう、というストーリーで、生みの母と育ての母ならぬ、生みの父(?!)と育ての父のお話です。
テーマ自体は特に奇をてらったものでもないし、あまり期待していなかったのですが、見始めてみたら一つ一つの描き方が丁寧で作り方がウマイ!


後から思い返すと、毎回話の進み方がすごくゆっくりだし、予定調和なんですが、うまい具合に小さなサスペンスをちりばめてあり、

例えば誕生日からさちが自分の娘だと発覚するシーンも、誕生日を言いかけたところで人に呼ばれて行ってしまったり、日付の入った写真をもらったのに無くしてしまったり、見つけたのに日付の部分だけ隠されてしまったり(あれ、一瞬シュレッダーかけるつもりかと思ってビビったよ。)・・・「あぁあああどうなるの?!」とドキドキハラハラしながら見守ってる内にアッという間に1時間が終わる感じ。(←単純。)製作者の思うツボだよ!小憎らしい(笑)!!


かといってみのもんたばりに引っ張るわけでもなく、意外とさらっとわかるのもストレスを感じず心地よく見られる理由だと思う。
次回予告も「見せすぎじゃない?!」とびっくりするくらい長くて、下手すると見なくてもストーリーがわかるくらいなんだけど、だからと言って見なくていいやとは思わないんですよね。逆に気になるし楽しみでしょうがない!



5話はついにさちが自分の娘だとわかる回で、育ての父に「人を殺した手で触るな」と追い返されたり、ワクワクで応募した正社員の仕事を断られたり、悲しいシーン目白押しだったんですが、一番うるっときたのは春男が赤ちゃんを抱っこする自分を妄想しながらニヤニヤ弁当食ってるシーン。

ちょっと笑える反面、もう成長しちゃってるわけだから赤ちゃんのさちを抱っこすることはどんなに望んでも叶わないんだなと思ったらものすごく切なかった!!!
あんまりドラマ見て泣かない方なんだけどうっかり泣かされたよ!!


ドラマ始まる前に「あぁん?お涙ちょうだいものかよ。」とか、「大橋のぞみちゃん(ポニョ)で釣ろうったってそうはいくか。」とか思ってごめんねっ!!



ちなみに来週(もう今日か!)には春男がパン屋で働き始めるらしい。
ウワ、萌える!そうなったりして、と妄想してたことがまさか現実になるなんて・・・!この先喜多善男みたいな悶絶最終回(よい意味で。)になったらどうしよう!!



そういえばググってたら「あしたの喜多善男」の脚本家と「白い春」の脚本家が一緒だと思ってる人が多かったのですが、喜多善男の脚本家は飯田譲治、白い春の脚本家は尾崎将也で別人です。

でも私も勘違いしたんですよね。吉高さんが出てるから、というだけではなくて、何か流れてる空気感が似てる気がするんですが・・・。
「結婚できない男」も以前はまってたんだけど、それと「白い春」(この2つは確かに脚本家が一緒。)そんで「あしたの喜多善男」。

どれか一つ好きな人は他の作品にもはまると思うな。



(追記)
もう既に折り返し地点だけど、途中から見ても絶対萌えると思うので「白い春」ぜひ見てね!・・・と辺境の地からPRしておく!
あーあ何でこんなに面白いのに視聴率低いかなぁ。こんなとき、うちがアルファルファブロガーだったらなぁ・・・。(アルファルファブロガーって何だっけ??)誰も死なないといいな、みんな幸せになって欲しい!!



ランキング

コメント:(8) | トラックバック:(14) | 編集 

Qさま漢字問題!(4月27日放送)

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2009/05/15(金)
Qさま(2009年4月27日放送「漢字&日本史SP」)を見ました。
http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/contents/p_study/daily/20090427.html

↑過去問ページが公式に用意されてるなんて初めて知った!これはなかなか便利!!


というわけでTV見ながらのぐだしゃべりメモ。
うちの家族は暇で娯楽の少ない貧乏人なので、(悲しい・・。)クイズ問題は必ず一時停止し、全問解いてから正解を見ます。私と母は比較的早く諦めるけど妹は相当しつこいです。


第2問:「ん」で終わる漢字の読みを答えなさい。


8. 素描




この字が読めないという妹。
「アンタわかるの?」と聞かれたので、「一応なじみの深い字だから。」と答えたところ、


妹 「えー、じゃあ・・・


















 らいおん?





ビックリしたわ・・・!!!
全っ然ライオンとなじみ深くないから!!!!



「何でライオンよ?!」と聞いたら

妹「だって猫の素(ネコノモト。←味の素的な発音で!!)でしょ?」


妹は描くという字を「猫」と見間違えていた・・・。
ネコノモトって・・・(笑)!





ちなみに答えは「デッサン」です。

なじみが深いとか言いつつ、本当はやったことはないんだけど(デッサン)
ちゃんとやっておけばよかったな~。



ランキング

コメント:(0) | トラックバック:(0) | 編集 

ザ・クイズショウ感想 「イニシアチブ、俺!」

[レビュー]TV・映画・ドラマ感想 ]  2009/05/11(月)
サスペンスものでしかもクイズ番組もの?!
何だか面白そうじゃない?!と思って見てみた。・・・面白くなかった。


あらすじは、
ワケアリの人が生番組のクイズショウに出演。(第1話だと殺人犯。)
殺害現場にいたのは誰?などのクイズ形式で、自白させようとする。
当然犯人は馬鹿馬鹿しい、とごまかそうとするが、
答えを間違えたら商品あげないからね?!と言われ、結果的に自白、タイホ!
(ネットの実況掲示板、お祭り騒ぎ。)

あ り え な い ! !


そういうツッコミを入れながら見るドラマなのかもしれないけど、ツッコミ入れすぎて1話目で疲れ果て脱落しました。


特に主演の嵐の桜井翔演じる司会者が、絶妙に嫌な表情や変な動きやら踊りを入れてくるんですよ。あれ、いいの?!ファンは。妹の職場にいる桜井翔ファンは「あんな役引き受けちゃいやだ!」と嘆いてるらしい。(だよねぇ・・・。)

殺人鬼の役とかかけ離れた設定ならともかく、司会業もやってるだろうに本人の仕事とかぶるような役柄やらせなくても!!混同されて嫌われる可能性もあるし、うまく演じれば演じるほどダメージでかい。自分の最愛の人があの役を演じてるところを想像するとぞっとするよ。(特に変な踊り。)


関ジャニの横山君は見かけるたびにキレイな顔だなぁと思ってて興味はあったんだけど、(色白で肌がつるんとしていて口が赤い。目力強いし、山本耕史に似ている。若作りに見えて意外と歳いってるところもよいです。)ラストのうさんくさい監禁シーンも興味はあったんだけど・・・あまりの糞っぷりに断念しました・・・。

仮に1回目は成立したとしても、2回目からは番組打ち切りになるだろうし、後ろ暗いところのある人はゲスト出演しないでしょ!

(妹の友達は2話目まで頑張ったらしい。)






そんな中光っていたのは、哀川翔演じるロックミュージシャン(?)安藤康介。

トップミュージシャンという設定だったのですが、歌詞のあまりのダサさ・意味不明さに腹かかえて笑いました。
イニシアチブ、俺!」!!


とても売れてるとは思えなかったので、相方を殺してしまい、落ち目になってから作った曲なのかなと思ったら、それがミリオンヒットした曲、という設定だった。
ものすごい無理がある!


♪「生きろ」と書かれた文鎮を~♪
(↑あんまり歌詞に文鎮って使わないよね・・・。)
チブ 恥部 CHIBU チブ 恥部 恥部 CHIBU
イニシアチブ 俺 イニシアチブ OLE !!




しかし放送後は大反響だったらしく、ドラマ中では一部分しか歌われてなかった曲の全体がブログで公開され、更に哀川翔が5時間もかけてレコーディング!!
着歌DLが始まっていた!!!

もっと盛り上がっちゃったりすると
シングルカットして発売?なんてこともアル?
・・・だって!!!!ガビーン!!!!!



私は「イニシアチブ、俺」よりは「ラブ・ホライズン」の方が好きかな♪



忍者っ!忍者っ!忍者っ!忍者っ! ホライズン

(コーラス)マキビシ撒いて~ LOVE×8 ホライズン

(コーラス)コップ一杯のお水を下さい


(あんまり歌詞にマキビシって使わないよね・・・。)


それから、妹が「アンタが喜ぶかな、と思って。」と言って教えてくれたんですが、先日のぷっすまでユースケが「イニシアチブ、俺」を歌ってたらしいですね!!(後日母も同じコトを言って別口で教えてくれた・・・(笑)。確かに喜んだけどさ。)

「局が一緒だから番宣じゃないの?」と思って調べてみたら、ぷっすまはテレ朝、ザ・クイズショウは日テレで何の関係もなかった。単にユースケが「イニシアチブ、俺」を気に入っただけのことらしい(笑)。



ちなみに歌詞は「イニシアチブ、俺」「ラブ・ホライズン」両方とも脚本家の方(及川拓郎さん)が書かれたようです。

すげーーーーーー!!!

作詞の才能はあるのにねぇ!!!脚本家の方は・・・



てこともないか。



ランキング

ザ・クイズショウ | スタッフブログ
イニシアチブ、俺』&『ラブ・ホライズン』全歌詞掲載!
http://www.ntv.co.jp/quizshow/staff-blog/2009/05/01/

コメント:(6) | トラックバック:(9) | 編集 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。